男だって可愛い彼女にキュンキュンしてしまうんです!
思わず彼がときめいてしまう、可愛い「好きの伝え方」意識したことはありますか?
伝え方の少しの意識の変化で、彼とあなたの距離がもっと近づきもっとラブラブに過ごせますよ♡

(1)恥ずかしそうに小声で伝える

『モジモジしながら恥ずかしそうに言われると思わずギュッとハグしたくなる』(34歳/証券)

恥ずかしいけれど、それでも「好き」と伝えてくれるその姿勢がたまらなく男性を刺激してくれます。
勇気を出して伝えることで、ラブラブ度アップと共に気持ちの再確認もでき一石二鳥。

普段言わないことも、言葉に出して伝えることでより気持ちが伝わりますよね。
慣れないことを顔を真っ赤にさせながら頑張る姿はとっても可愛く映るものです。

(2)じっと目を見つめて伝える

『じっと見つめられるとこっちも照れくさくなってドキドキしてしまう』(31歳/マーケティング)

目を見て話すことはとても重要ですが、さらにじっと見つめることで相手まで照れくさく感じてドキドキしてしまうんです。
ドキドキは恋愛にとっても大切なポイントで、恋愛を長続きさせるには、ドキドキを絶やさないことが挙げられるほどです。

目と目で会話をする、というように、パートナーとのアイコンタクトは常に心がけたいですね。
見つめ合うことで、いいムードにも持って行けますよ♪

(3)笑顔で明るく伝える

『何でもない時に笑顔で「好きだよ」と言われると、不意打ちがたまらなく可愛く感じる』(29歳/企画)

やはり、笑顔が1番可愛いものです。
彼もあなたの笑顔が大好きなはず。

その笑顔で、明るく「好きだよ」と伝えることで、彼の中の「好き」も溢れだすことでしょう!
また、男性は不意打ちにも弱いので、不意に伝えるのもキュンキュンさせるポイントです。

(4)手紙やメールで間接的に伝える

『照れ屋の彼女らしく、手紙で改めて好きと言われるとドキっとする』(25歳/営業)

いつも会っている時に伝えることももちろんですが、シャイで言葉に出せない女性は手紙やメールがおすすめ。
特に自筆の手紙をもらう機会は今は少ないので、彼を驚かせるにはぴったりです。
突然のラブレターに彼もきっとキュンキュンしてしまうでしょう!

メールやLINEで「好き」と伝えるのもgood。
男にとって、察するということは至難の業。
ぜひあなたからリードして、彼とのラブラブ度をもっとあげちゃいましょう!


言葉に出して「好き」を伝えることは、なかなか勇気のいるものですよね。
でも、そこを頑張ることで、彼はあなたにもっとメロメロに!
「好き」はポジティブな言葉なので、もっともっと大好きな彼に「好き」を伝えちゃいましょう!

(文/恋愛jp編集部)