毎日のコーディネートは大変なようで楽しいものですが、自分の好みばかりを取り入れていたらいいという分けてはありません。
自分の好みばかりを出しているといつの間にか男性が近寄ってこなくなったという経験はありませんか?
もしかしたらファッションを通じて不幸なオーラが出ているかも?

今回は男性が不幸そうと感じる女性のファッションについてまとめていきます。

(1)ロングスカート

『カーテン巻いてるのかい?』(31歳/公務員)

長いロングスカートをかっこよく履きこなせる女性って憧れるものではありますが、早々いるわけでもないのが現状。
日に当たりたくないからという理由でロングスカートばかり履いていると男性としても日当たりが悪くて幸が薄そうと感じてしまうこともあるよう。

たまにはお肌を露出して元気いっぱいで幸運を運び込むことが大事ですよ。

(2)Aラインワンピ

『短ければいいんですけど、長いとも民族感』(29歳/販売)

ワンピースって楽ちんだし、という安易な考えは今すぐ捨てるべき。
男性は意外と鋭い視線を持っているので一瞬にして見抜かれてしまいますよ。

特にAラインはメリハリがつきにくいワンピースでもあり、背筋が悪い人だと際立ってしまうこともあるので不幸な印象をあたえてしまいます。
スタイルに自信がない人は男性の前ではAラインワンピースは避ける方が賢明でしょう。

(3)色落ちスキニー

『擦り切れるまで着るとか信じられない』(31歳/教師)

はきつくした感が出ている色落ちスキニーはもはやおしゃれでも何でもないラフ着。
家の中から出てはいけないものを平気で着て外に出れてしまう女性は、ズボラという言葉だけでは済まされるものではありません

多くの人がタンスに1着はもっている、色落ちしたスキニー。
そのままタンスの肥やしにするか、新しいものを新調するようにして洋服と共に運気もリセットしてみましょう。

(4)ベージュコーデ

『商店街でおばさんが着てそう』(27歳/アパレル)

意外にも不幸そうに見えるアイテムとして挙がっているのがベージュコーデ。
お肌の色と一体化して大人っぽく見える反面、色味が無いと思われてしまうこともあります。

ベージュカラーを取り入れる際は必ず差し色になるような明るい色味をプラスするなど工夫して、お洒落に着こなすよういつも以上に気配りをすることを心がけてみて下さい。


人に不幸だと思われているということは自分に余裕がなかったりすることの現れ
ファッションに現れていては、女性として非常に残念なものです。
男性のためだけでなく、まずは自分の為にも幸運を取り入れられるようなコーディネートを実践してみましょう。

(文/恋愛jp編集部)