メイクもやりすぎは禁物。
あまりにもナチュラル感がなければ、男性を怯えさせる原因にもなります。
今回は、男性が震える「ほん怖メイク」を、4つご紹介します。

(1)細すぎ眉毛

『ヤンキー感が強いので、シバかれそう』(31歳/販売)

細すぎる眉毛は、不自然なだけでなく、元ヤン臭を感じさせます。
気になる彼に、「もしや、昔レディースに入ってたんじゃ」なんて思われたくありませんよね。

眉毛は抜くと生えてきにくくなります。
また剃るときに地肌を痛めることでも生えにくくなるので、気をつけましょう。
眉毛は明らかに不要な部分以外、なるべく剃ったり抜いたりしないことが大切ですね。

(2)アイラインで囲み目

『目の主張が激しいんじゃ……』(29歳/公務員)

黒のアイラインで、上下バッチリ目を囲んでいませんか?
目頭から目尻まで、全部アイラインで囲むと、やりすぎ感がただよいます。
目元がキツくなり、怖い印象になるので、全部バッチリ囲むのはやめておきましょう。

目の下にもアイラインを引くなら、目尻から3分の1くらいの長さまでにすると自然ですよ。
ただしデカ目にしたいなら、目の下のアイラインは引かないほうがいいです。
アイラインを引くと、ふち取りによって目が引きしまって見えるので、目がよけい小さく見えます。

デカ目にしたい場合は、目の下はアイラインでなく、アイシャドウを使いましょう。
アイシャドウで陰影をつけることによって、デカ目効果が得られますよ。

(3)盛りすぎつけまつ毛

『つけまは、濃すぎる。目元真っ黒ってイメージ』(24歳/美容師)

つけまつ毛やまつ毛エクステで、まつ毛を盛りすぎな人はいませんか?
盛りすぎのつけまつ毛は、不自然に見えます。
まばたきしたときにも、まつ毛が刺さりそうに感じますよね。

不自然なくらいバサバサとしたつけまつ毛は、やめておきましょう。
専用の美容液でまつ毛を伸ばしたり、ブラウンのマスカラで2度塗りしたりするほうが、自然なモテメイクになりますよ。

(4)白すぎファンデ

『もはやお化け』(27歳/広告)

顔と首から下の白さが、まったく合っていない人はいませんか?
顔だけ白すぎの、自分に合っていないファンデは不自然ですよね。

暗いところで見ると、顔だけが白浮きしていて恐怖に感じます。
そのほかのメイクが決まっていても、顔だけ白いとそれだけで作られた感が出るので、気をつけましょう。

ファンデは首との境目をよく確かめて、自分の肌に合ったものを選ぶことが大切です。
自分ではよくわからない場合、デパートの美容部員に選んでもらってくださいね。
ファンデは一番大切なメイクといっても過言ではないでしょう。


男が震えるほん怖メイクを、4つご紹介しました。
うっかりやっているものがあれば、もしかすると知らないうちに、気になる彼を怯えさせているかもしれません。
ナチュラルなモテメイクで、彼に自然の美をアピールしてくださいね。

(文/恋愛jp編集部)