男性にとって、女性からの束縛は辛いものです。
キレイで可愛くて、束縛もしない…なんてわがままかもしれませんが、男性はそんな女性を追いかけてしまうわけです。

とはいえ、束縛無しも虚しいもの。男性の中には、これはアリ!という束縛が存在します。
ここでは、男性が思う「かわいい束縛」について紹介していきましょう。

(1)早めに帰ってきてほしいな

『待っててね!君のためなら会社を早退するよ!』(26歳/IT)

友達付き合いはもちろん、会社やコミュニティなど、さまざまな人間関係があるでしょう。
飲み会などであれば夜遅くなる可能性もありますし、女性にとっては不安でやきもきしてしまうもの。

しかしそんな時に行くなとか、私を大切に思えないのか、というような言葉をかけたら、彼はドン引きです。

「早く帰ってきてほしい…かも」など、寂しいけれど強く言えない感じに伝えてください。
きっと「可愛いなあ」と思ってもらえますし効果は抜群です。

(2)モテるから心配

『僕のことをかっこいいと思ってくれるのが伝わるから』(30歳/IT)

「他の女性と話してほしくない」は、男性にとって重たい女という印象を与えます。
そこを可愛いと思わせるには、「モテるから心配なんだよね~。あんま仲良くしないでよね」と、少しふざけた感じで言うと効果的です。

自分を認めてくれているということに加え、自分にしっかりと彼女がいる、ということを認識させるため、何となく嬉しく感じるわけです。

(3)二人の画像や写真と常に一緒

『大事に思ってくれてるのが伝わるから』(24歳/コンサル)

付き合ってもいない男性の画像を待ち受けにしたり、写真を持ち歩いていたらストーカー呼ばわりされますが、彼女であれば問題はありません。
「さすがにそれは重いだろう」と思われるでしょうが、使う場所によってはかわいい束縛で済むことがあります。

二人で連絡を取り合っているアプリの背景画面や写真を飾るなど、「いつも一緒にいられることを確認すると嬉しくなるんだ」という程度の使い方であれば男性も喜びます。
極端過ぎると逆に引かれてしまうので、ほどほどにしておきましょう。

(4)連絡があると癒される

嫌がられる束縛の類いになりやすいのが、毎日の連絡です。
義務感があり、遅れたとか無いとかで揉めに揉め、喧嘩になりやすい事案です。

「付き合っているから連絡してほしい」ではなく「アナタのことを考えていると癒される。だから連絡があると本当に嬉しいし、ほっとするんだよ」と伝えてあげてください。

彼に毎日の連絡は面倒だと思われる反面、「寂しい思いをさせてはいけない、まったく可愛いヤツだ…」と楽しく付き合ってくれるようになります。


ここでは、男性が思う「かわいい束縛」について紹介しました。
要するに怖がらせず、ちょっぴり可愛らしい束縛であれば男性もそこまで引きません。

ぜひ、参考にしてみてください。

(文/恋愛jp編集部)