1ミリでも可愛くなりたい。
この一心でメイクに励んでいる女子のみなさん!
男性にとってはメイクって謎な部分、正直引いちゃうところも数多くあるようです。

今回は「男性がドン引きしてしまうメイク」についてご紹介してまいります。

(1)盛り過ぎネイル

『凝ったネイルって男には理解できない、あれ邪魔にならないのかな?』(28歳/広告)

ネイルって常に自分の視界に入って確認できるから、女子のメイクのうちでは嬉しい楽しい存在ですよね。
ところが男性にとっては「爪に色つけてなにが楽しいの?」なんだそうです。
とくに、凝ったネイルアートにいたっては不愉快に思う人も多いのだとか…。

そんな爪でお料理できるの?
ネイルサロンにしょっちゅう通うのって浪費家なの?
こんな風に思ってしまうのだとか。

(2)濃すぎるチーク

『ほっぺたが濃いオレンジ色で、オカメインコみたいに見える子がときどきいる。』(25歳/サービス)

チークは血色をよく、肌色を引き立ててくれるお役立ちアイテムですよね。
ですが、あんまり濃い色をのせていると悪目立ちしてしまいます。
顔のなかでチークが赤く丸く浮いたようになっている人をたまに見かけますが、思っている以上に見られていますよ!

あくまで自然な肌色をちょっと追加するくらいがいいのかもしれません。

(3)テカリ過ぎリップ

『グロスっていうの?あれがテカりすぎているのは見苦しいかな』(27歳/アパレル)

カサカサした唇は嫌だし、ツヤ感は欲しいし…でついつい重ね塗りしがちなのが、リップやグロス。
最近の品物はどれも性能が良くて、実は思った以上にツヤツヤしています。
そしてツヤツヤを通り越してギラギラ、テッカテカな人もいますね…。

やはりあまりに不自然な印象を持たれてしまうのはNGです。
それに、食事のときなどに食器にリップがべったりついてしまうと、リップメイクをしない男性から見ると引いてしまうことがあるのだそう。

(4)力み過ぎアイメイク

『彼女がアイメイクに時間かけてるけど、正直違いが分からないしそのままでいいのに』(30歳/SE)

女子の皆さんに残念なお知らせです。
わたしたちがあれだけ時間をかけ手間をかけ頑張っているアイメイクですが、男性にはまったく響いていないようです。
そもそもマスカラしてるかしてないか、アイライン引いているか引いてないかくらいでは違いが分からない。
かといって、バッチリアイメイクは力み過ぎで怖いだなんて…。

まつ毛の上がり方、アイラインの跳ね上げに命をかけている女子からすると悔しい限りですが、男性の目を意識してアイメイクするのは意味がないようです。
自分たちのお楽しみの範囲にしておくのが良いようですね。


彼氏や男友だちに言われたことがある!という内容がありましたか?
もちろんメイクは男性のためにするものではなく、自分のためにするもの。
自分が満足していれば男性が引くか引かないかは正直、関係ありません。

ただ、あなたがもし婚活中だったり付き合いの浅い彼氏とデートし始め…という段階であれば、少し気遣ってみるとよいかもしれませんね。

(文/恋愛jp編集部)