きちんと気遣いができる女性は男性に好印象を与えます。
しかし、気遣いがいき過ぎてしまうと、良かれと思ってしたことでもありがた迷惑になってしまうことがあることを忘れてはいけません。
ですから彼にあれこれしてあげたいとしても、やり過ぎないことはとても大切なのです。

今回は彼がイライラする彼女の気遣いについてご紹介します。
彼がイライラするポイントをきちんと知ることは、自分が彼女としてするべき良い気遣いを知るヒントにもなるはずです。

(1)服のコーディネートをしてあげる

『服のコーディネートに口出しされるのはカチンとする。余計なお世話。服ぐらい好きなものを着させてほしい。』(29歳/金融)

女性の方が流行に敏感だったり、おしゃれに詳しい場合もあります。
ですから、彼のファッションをより良いものにしてあげたいと考えてしまうこともあるでしょう。
しかし、彼は彼の意思でそのファッションを選んでいるということを忘れてはいけません。

あなた自身も、誰かからファッションについて口出しされるのは嫌な気分になるのではないでしょうか。
ですから、自分のスタイルを彼に押し付けるのは控えるべきなのです。

(2)勝手に彼の部屋を掃除する

『勝手に掃除なんて、母親かよって言いたくなる。勝手に触らないでほしい』(34歳/IT)

彼の部屋が荒れがちだったとしても、彼の許可なく勝手に掃除するのはやめるべきです。
やましいことがなかったとしても、自分のプライベートスペースを勝手にいじられるのは、気分のいいものではありません。

部屋は綺麗な方が良いのはもちろんですが、それ以前にそこはあなたのテリトリーではなく彼だけのテリトリーであるということをきちんと認識するべきです。
勝手に掃除をすると、彼はあなたのことを母親のように感じてげんなりしてしまいます。

(3)彼の健康を過度に心配する

『結婚してるわけでもないんだから、あれこれ行動を縛られるのはめんどくさい。心配してくれるのはありがたいけど、こっちにストレスを与えるのはやりすぎだと思う』(25歳/広告)

彼がタバコを吸ったりお酒を飲む習慣がある場合は、彼の体が心配になることもあるでしょう。
彼の健康に影響が出ているわけではないうえに、彼自身はそれらの習慣を止める必要がないと感じているのであれば、あなたの意思だけでタバコやお酒を止めるように強制するのは余計なお世話なのです。

健康のためだからといって過度に彼の行動を制限すると、彼はあなたにうんざりしてしまうことを覚えておきましょう。

(4)常に彼の冷蔵庫を手料理でいっぱいにする

『捨てるのは申し訳ないから食べるけど、正直迷惑。たまには自分で好きなものを食べたいからほっといてと思ってしまう』(33歳/広報)

彼のために手料理を振る舞う気遣いはとても喜ばれます。
しかし何事もやりすぎは良くないということを忘れてはいけません。

彼の冷蔵庫にたくさん手料理のストックを作っておいてあげれば、彼は料理をする必要もないし助かるはず、とあなたは考えるかもしれません。
しかし、彼は同僚や友人たちと飲みに行くこともありますし、自分の好きなものを食べたいと感じてしまうこともあるのです。

しかも彼女が作ってくれた手料理は捨てづらいということが、彼によりストレスを与えてしまいます。
捨てることができないからこそ口にはするものの、自分で好きな食事を選択できないのはなかなかの不満なはずです。


今回は彼がイライラする彼女の気遣いについてご紹介しました。
いくら彼の世話をしてあげたいからといって、子供のような扱いをしてはいけません。
親しい間柄であったとしても、彼のプライベートをきちんと尊重してあげることが大切なのです。

(文/恋愛jp編集部)