実は、清廉潔白でとにかく非の打ち所がない女性って近寄りがたく見えてしまうものです。
女性は少しくらい不器用で危なっかしい方が、本当の意味では可愛いのかもしれません。

彼氏にもっと愛されたいなら、ぜひ「不器用かわいい彼女」を目指してみましょう。
今回は、そんな不器用かわいい彼女の行動についてまとめてみました。

(1)甘え下手

『素直に甘えられない女性って可愛いですよね。変なあざとさがないイメージ』(29歳/広告)

不器用かわいい彼女は、ちょっと甘え下手なところがあります。
少し遠慮がちなところがあって、彼氏に甘えようとしてもうまく甘えられないんです。

でも女性はそれくらい控えめの方が、男性としては一緒にいてちょうど良いのかもしれません。
甘えたがりのあざとい女性には、たまに引いてしまう男性も少なくありません。

(2)人見知り

『彼女が人見知りだと、自分が前に出て守ってやりたくなりますね。大人しい彼女最高』(25歳/サービス)

コミュ力が高くて世渡り上手な女性よりも、引っ込み思案の女性の方が良いという男性は多いです。
社交的な女性は友達も多いので、一方で彼氏を寂しがらせてしまうことも。
それと比べて人見知りな女性は、彼を頼ってきやすいので、より愛されやすいのです。

(3)力がなくてひ弱

『女性にはひ弱であってもらいたいですね。
ビンのフタが開かなくて「開けて」って言ってきてくれるとかは可愛い』(26歳/広報)

力がなくてひ弱な彼女も、不器用かわいい彼女として人気が高いものです。
一人でも何でもできてしまうたくましい女性は、かえって男性から近寄り難く思われてしまうもの
女性であれば、ぜひ可愛くひ弱アピールです!

(4)断れない

『押しに弱くて誘いを断れない人が彼女だと、俺が守ってやらないと、という気持ちになりますね』 (31歳/アパレル)

不器用かわいい彼女は大人しい系の女性が多いので、人からの誘いを断ることができません。
そんな状態でテンパっている彼女を見ると、彼氏は逆にときめいてしまうもの。
「俺が守ってやらないと」というヒーロー的な気持ちがとたんに湧いてくるものなんです。

逆に気が強くて、なんでも反論してしまうような女性はどうでしょうか?
素敵なことではありますが、彼女としては対象外かも…と思ってしまう男性も多いんです。


このように、女性は少しくらい不器用でスキが多い方が魅力的なんです。
彼氏は「変な虫がつかないように、俺がちゃんと見ててやらないと!」と燃えてしまいます。
彼からもっと愛される彼女を目指すためにも、たまには「不器用力」を磨いてみましょう!

(文/恋愛jp編集部)