これまで仲良く付き合ってきたけれど、もう別れそう……だけど、どうにかして彼の愛を取り戻したい!
そう思ったとき、あなたならどうしますか?
まさか、電話をかけまくったり、偶然を装ってでも無理に会おうとしたり、LINEでスタンプを連打したりしていませんよね?

別れてしまいそうなとき、そのような行動は逆効果です。
今回は、別れそうなカップルがどんなLINEで愛を取り戻すことができるのかということについてお話していきます。

(1)明るく前向きなLINE

『もう終わりかなって思っていたけど彼女からの前のような心のこもったLINE嬉しかった』(28歳/商社)

最初はふたりの不協和音に気づかないふりをして、明るく前向きなLINEを送りましょう。
まるで付き合いたてのように、できる限り優しい気持ちで文章を打ってください。

忙しい相手をいたわったり、自分の日常の楽しいことを報告したり。
どんな内容でもいいので、とにかく暗くならないこと、相手を責めないことが大事です。

(2)約束を思い出させるLINE

『初デートで行った場所にまた行こうって誘われて、このままじゃ別れようと思っていたけどやっぱりやめた』(25歳/IT)

叶わなかったこと、というのは、人間の心に深く刻まれるものです。
付き合っている中でした約束で、まだ実現していないものはありませんか?

彼が食べたがっていた料理を出してくれるお店や、テレビで見て一緒に行こうと盛り上がった観光地など、思い出してみましょう。
その約束を彼に思い出させることで、彼の「叶えたい」気持ちを呼び覚まし、その時の気持ちまで思い出してもらうことができます。

(3)感謝を伝えるLINE

『唐突にいつもありがとうって言われて何だろうって思いながらも内心めっちゃ嬉しい』(24歳/金融)

日常で感謝を出し惜しみしていた女性は、この機会に改めましょう。

お礼を言うようなきっかけや、具体的な内容がなくても大丈夫です。
恥ずかしがらずに、LINEで「いつもありがとう」と言ってみてください。

あなたがあたたかい気持ちで感謝を伝えれば、きっと彼に届きます。

(4)素直に心配するLINE

『いつもドライな彼女がこんなこと言ってくるんだもん。そりゃ脳内でサンバ踊るでしょ』(29歳/マーケティング)

ストレートに、感じているまま、ふたりの関係性を心配するLINEを送ります。
シンプルでありながらやや強引な方法に思えるかもしれませんが、彼にまだ気持ちが残っていた場合、関係が好転する可能性は非常に高いです。

しかし、「なんで冷めたの?」「別れたいの?」「好きな子できた?」といったように、無理には聞き出さないようにしましょう。
そんなLINEでは、絶対に悪い方向にしか転びません。


いかがだったでしょうか。

別れの予感を感じた時、つらくてとても平静ではいられないのもよくわかります。
しかし、動揺してLINEを送りまくったり、あり得ない数の不在着信を残したりすることは、何の解決にもなりません。
今回の記事を参考に、愛を取り戻すチャンスをうかがってみてくださいね。

(文/恋愛jp編集部)