ヘアアレンジや髪型にはこだわりたい。
でも、今どきでおしゃれなヘアスタイルをアプローチするならそれなりに研究も必要です。

おしゃれだと思ってあたりまえに取り入れていたヘアスタイルが実はかなり田舎者ヘアになっているかもしれません。
男性がガッカリしてしまう代表的な田舎者ヘアを4つあげてみました。

(1)高すぎるお団子

『時間かかりそうなのになんでわざわざその髪型にしようとしたのかなって思う』(31歳/コンサル)

アップスタイルなお団子ヘアは作り上げるのにも時間がかかるので手が込んでいるヘアスタイルですが、ヘアピンをたくさん使っていたり、ビシッとまとめている感じがでてしまうので、気合いの入れ方が少し田舎臭いと感じてしまう男性が多くいます。

後れ毛を出したシニヨンや、ヘアピンは使わずにルーズさを出すと今どきな雰囲気を出すことができますよ。

(2)三つ編み

『お願いだから歳相応の髪型してくれよ……』(32歳/金融)

ロングヘアでぴっちりとした三つ編みにロングなスカート丈のセーラー服はまさに田舎の女子高生スタイル。
三つ編みも作りあげるには少し手間がかかるものですが、きちんとしすぎて全くお洒落だと思われないのは残念ですよね。

三つ編みをとりいれるなら最後に編んだ部分をほぐしてルーズ感を出してみたり、まとめてみると今どきでおしゃれな三つ編みスタイルに生まれ変わりますよ。

(3)ぱっつん前髪

『服が可愛くてちゃんとメイクしてて似合っていたら文句はないんだけどなあ』(27歳/不動産)

田舎女子に多く見られる前髪スタイルといえばぱっつん前髪。
都会っ子との違いは、前髪だけに問題があるのではなく、眉毛処理ができているか、今どきなメイクや服装が出来ているかということ。

ファッションのことが浮き立ってしまうヘアスタイルなため、単に流行だからと理由で取り入れると痛い目をみてしまうので注意が必要ですよ。

(4)ローポニーテール

『いやただ縛るだけって子育てに追われた主婦かよ!』(25歳/交通)

ボブスタイルさんが、ちょこっと結んでたるみや後れ毛を出したヘアスタイルが現在人気ではありますが、何もてのこんでいないただの一つ結びはババ結びとして認定されとしまうだけでなく、同時におしゃれをしらない田舎者扱いをされてしまうことに。

ローポニーテールをする際はワックスなどのスタイリング剤を使ったり、コテなどで前髪や後れ毛を巻いてみたりすることで都会風でかわいい無造作ヘアスタイルを作り出すことができます。


今どきで、都会風なヘアスタイルの共通点はきっちり結びすぎず、後れ毛とたるみで程よいルーズ感を出すこということがわかりましたね。
定着していた結び方がある人もこの機会に田舎者ヘアスタイルを抜け出せれるよう、イメチェンしてみてくださいね。

(文/恋愛jp編集部)