軽い女だという印象を与えると、男ウケが悪くなってしまいます。
男性にとって軽い女に対する印象は悪く、恋愛対象にはならないという意見が多い傾向にあります。
では実際軽い女の特徴とは、どんなことがあるのでしょうか。

そこで、ここでは軽い女の特徴として考えられる具体的な例をご紹介します。

(1)露出度が高いファッション

『シンプルに下品だと思ってしまう』(32歳/コンサル)

胸元が開いた服や短過ぎるスカートなどを着ている女性は、ガードが緩い印象を与えます。
露出度の高いファッションは清潔感を感じさせず、周囲にだらしないと思われてしまうことも。
特に下着が見えてしまうような格好は、男性関係が多いことを連想させることにも繋がるので注意が必要です。

そうした女性は一見周りに男性が多い印象を受けますが、本気で付き合う対象でない場合がほとんど。
軽い女に見られたくないなら、清潔感を意識した格好を心がけましょう。

(2)ノリがいい

『ノリがいいのはいいことだけど、限度があるんだよね(笑)』(26歳/公務員)

ノリがいい女性は友達が多く、誰にでも好かれる存在と言えます。
しかし、そうした女性は男性からも友達という目線でしか見られず、恋愛に発展しない場合がほとんど。
大勢で盛り上がるような場では非常に人気者になれますが、本気で付き合う対象としては見てもらえません。

ノリがいいことは、周りを楽しませることにも繋がるので悪いことではありません。
しかし、男ウケを狙うならノリがいいだけではなく、時に女性らしさをチラつかせるよう意識してみましょう。

(3)下ネタを男性の前でも平気で話す

『ふーって息吹きかけたら飛んでいきそうなくらい軽そうな女だな~って思っちゃう』(30歳/金融)

男性同士の下ネタトークに率先して混ざると、軽い女に見られる原因になります。
一見ノリが良く男性も楽しそうに見えるので、本人はモテていると勘違いすることもあります。
しかし、実際そうした女性に対し男性からは「軽そう」「下品」などという意見が多いのが現実。

男性の前での下ネタトークは、女性からも嫌われる傾向にあるので控えるべきと言えます。

(4)恋愛体質

『私恋愛体質だからあ~とか言ってる子で軽くない子見たことない』

男性遍歴や自分のモテ自慢をして、恋愛体質であることを強調する女性は、軽い女に見られます。
男性経験が豊富だということは、誰とでも付き合うといった印象を与え、本気で付き合う対象から外されてしまうことにも繋がります。
男性は軽そうな女性より、高嶺の花に魅力を感じます。

そのため、男性の前でのモテ自慢は非モテに繋がることが多いので注意しましょう。


軽い女には様々な特徴があることを知り、自分に当てはまっていると感じた方。
男性と真剣に付き合いたいなら、軽い女に見られる特徴を改善することをおすすめします。

(文/恋愛jp編集部)