大好きな彼女だからこそ、幻滅したくない。
男性たちの多くは優しい心を持っているため、できるだけ彼女の悪いところも好きになろうとしますよね。
しかし、どうしても本能的に我慢できないことがあります。

それが、「臭い」ということです。
強烈な臭いを放つ彼女には思わず「臭!」と言ってしまう可能性があり、二人の関係性がギクシャクしてしまう恐れがあります。

ここでは、彼女を臭いと感じた瞬間を4つ紹介します。
ぜひ注意深くチェックしてみてください。

(1)脇

『脇がね……酸っぱいんですよ。思わず梅干し食べたときの顔になりました』(30歳/人材開発)

脇が臭いということはワキガの可能性も否めませんが、ケアを怠ってムレから来る臭さもあります。
秋口から冬場にかけてアウターを羽織る機会が多くなるため、臭いがこもりやすくなります。

それらを脱いだ瞬間、ムワッと彼に向かって異臭攻撃をしてしまった瞬間、彼は「ん?彼女からか?いや……信じたくはない」と困惑するはず。
コートやジャケットには臭いが染み付きやすいので、注意深くチェックしておきましょう。

(2)強烈な足の臭い

『これはね化学兵器ですよ……。あ、今も!ほら来た……!は、早く逃げて……!!うっ……』(24歳/交通)

足が臭うのは、やはりケアを怠っている可能性があります。
また、素足で通気性の悪いスニーカーやブーツなどを履けば必ずにおいが籠りますし、靴下も一度臭くなったものは臭いが復活しやすいので避けましょう。

直ぐに部屋に戻ったら足を念入りに洗わないと、彼との甘い時間が臭過ぎる拷問のような時間になってしまいます。

(3)生乾きの臭い

『いったん天日干しにしてやろうか……?』(27歳/漁業)

洗濯の仕方によっては、服が生乾きの臭いになり、周囲の人間の嗅覚を強烈に刺激します。
服も臭いし本人も臭い……では正直救いようがないです。

やはり、近くにいるだけで生乾きの厳しい香りが漂い続けるため、避けることができません。
生乾きの臭いは本人がどれだけ清潔感を保っていても意味が無いため、もう指摘するしかありません。

最悪、別れを意識するという男性もいるほどなので本当に注意しましょう。

(4)口臭

『RPGとかで臭い息でダメージを受ける勇者の気持ちが分かった気がします。僕もこうして彼女との恋のレベルアップをしていくのだろうか?』(31歳/経理)

口臭も、男性からは不評です。
タバコを吸うとか、食べものを食べても歯を磨かないとか、歯周病だとか、話しているだけで苦しい香りを放つ女性にはやはり男性もお手上げです。

歯磨きやマウスウォッシュも効果的ですが、あまりにやりすぎると、それはそれで意識してしまうので不自然。
基本的に、口臭が気になると思われたらキスまで到達したくないため、結果的に別れを選択せざるを得ないという事にもなりかねないのです。


ここでは、彼女を臭いと感じた瞬間を4つ紹介しました。
男性は「女性はいい匂いがする生き物だ」という迷信の熱狂的信者。
そのため、そのギャップにひどくショックを受け、ある意味ではトラウマとなってしまうこともあるようです。

完璧に臭くはない、というのは無理かもしれません。
しかし、男性が辟易するほどの臭さには、早めに親などから指摘してもらった方が安心でしょう。

(文/恋愛jp編集部)