男性は女性と出会った時、目がいく順番がら「目、肌、胸」と言われています。
せっかくなら魅力的な瞳で異性を惹きつけたいですよね。

しかし、良かれと思ってやっている普段のメイクが逆効果の可能性も……。
今回は、気をつけたい逆効果メイクをご紹介しちゃいます。

(1)囲み目メイク

『やりすぎはパンダにしか見えないよ……』(23歳/美容師)

ハリウッド女優など、海外でよく見かける囲み目メイク。
あんなパッチリ目になりたい!と真似する日本人女性が多く、一時ブームになったこともありますが……。

日本人は外国人よりも目が小さく出来ているので、実は目の境界を際立たせることで逆に目を小さく見せる作用があるのです。

そして、男性ウケも最悪。
「ギャルみたい」「怖い」「目を合わせたくない」と、かなり不評のようです。
目が小さくお悩みの方は、今すぐやめて方がいいかもしれません!

(2)目の下ほてり風チーク

『年齢を自覚した方が良いと思う』(30歳/営業)

頬ではなく、目の下にチークをいれるメイク。
ほてったように見せて、少女感が出ることで若い層に流行しましたが、これが許されるのは学生まで。
社会人になって目の下チークをすると、「バカっぽい」「子供っぽい」と見られがちです。

若見えを狙ってやってしまうと、逆に「若作り」と見られてしまい逆効果かもしれません。
社会人以上の方は、大人メイクを意識しましょう。
それでも可愛く見せたい方は、「大人可愛い」メイクで勝負。

(3)まっすぐ太眉

『太すぎる眉毛でデート来られると萎えるな』(24歳/銀行員)

夢のハーフ顔、ということで今人気のまっすぐ太眉。
しかし、元々太眉の方や濃いめの顔の方は馴染みがちですが、そうでない方は不自然に見えるという声も。
丁寧にぼかしてナチュラルな眉に出来れば良いのですが、無理に太く書いている場合は、「バカ殿」っぽく見える、と男性にも不評。

日本人顔の方はそれに似合うメイクがあるので、無理してトレンドに乗ってしまうと逆効果の場合もあります。
また太くて長い眉は、目よりも眉が際立つため、目を小さく見せてしまうので注意。

(4)不自然なカラコン

『分かりきったカラコンは悪印象』(26歳/スタイリスト)

デカ目や目ヂカラアップに役立つカラーコンタクト。
ナチュラルな茶色や黒なら良いのですが、お人形さんのような青や透明感のある色は逆効果。
「宇宙人みたい」「もはやホラー」「コスプレ?」と、男女ともに不評のようです。

日本人の顔にはそれにあった目の色があるので、不自然なカラーをチョイスしてしまうと、自己満で終わってしまう結果に。
イベント事は別として、普段使いならナチュラルな色味を選びましょう。


「自分がやりたいメイク」と「自分に似合うメイク」はまた別物です。
トレンドを取り入れることも大切ですが、まずは自分にぴったりのメイクを探してみるのもオススメです♪

(文/恋愛jp編集部)