メイクやヘアセット、コーディネートを考える際、女子なら大抵の人が鏡を日々見ているものですが、意外にも多いのが正面ばかりで後ろ姿を気にしていないということ。
合わせ鏡や振り向かないとわからない姿ですが、前ばかりに気をとられていては、後姿はおろそかになってしまっているかもしれません。

今回は男性が後ろ姿ブスと感じてしまう瞬間についてまとめてみました。

(1)背中にニキビ

『デートの時、彼女の背中にニキビができてて引いちゃった』(24歳/美容師)

オフショルダーや背中が大胆に開いた洋服はとてもセクシーで男性としても着てほしい洋服ですが、あくまでも理想は崩してほしくないもの。
背中が開いていてドキッとするようなきれいな肌なら良いですが、背中のうぶ毛処理もされていなければ、ニキビまであるのが見えてしまった瞬間のショックはかなりのダメージになってしまうことでしょう。

背中ニキビは皮脂や汚れなどによってできることが多いため清潔なイメージすら持てなくなってしまうので日々背中ケアもしっかり行うように気をつけましょう。

(2)洋服がヨレヨレ

『せっかくかわいい服着てるのにヨレヨレだと勿体ない』(30歳/SE)

しっかり洋服も選んでみたけど、よくありがちなのは洋服の気づかない部分がヨレヨレになってしまっているということ。
特にうしろ姿はイスに座っていた時間が長かったり、ヨレていても気づきにくい場所でもあります。

きちんとしている印象だったのに洋服がきちんと管理できていないというズボラさが浮き出てしまっては、お嫁さん候補として外されてしまうことになってしまいますよ。
デートの前日は後ろまでしっかりアイロンをかけたり、念入りなチェックをする様にしてみてください。

(3)しゃがんだ瞬間に見えるババパンツ

『ラッキーだとも思わない、むしろ不快』(24歳/サービス業)

ハイウエストな洋服が多い中、スキニーなど股上が浅いデニムやボトムスを履いている際に気を付けておきたいのがしゃがんだ瞬間にインナーが見えてしまう可能性があるということ。
デートなどでは基本的にスカートファッションが多かったり、下着などにも気を使っていたりするためあまり心配することもありませんが、普段の生活のなかでパンツスタイルでさりげなくしゃがんだ際は要注意。

ラフで何のこだわりもない下着をつけていたりするとチラッと見えた瞬間、女としての色気をまったく感じられないという寂しい結果になってしまいますよ。

(4)背中のはみ肉

『つい痩せろよって口走っちゃう。服の上からでも分かるから』(27歳/美容関係)

服装や後ろ姿もばっちりかとおもいきや思わぬ油断となっているのが背中のはみ肉がしっかりと乗っていた時
痩せなければどうしようもないと感じてしまうかもしれませんが、体型はすぐに変えられないという人ははみ肉が露わになりにくい洋服をえらんでみたり、ブラジャーのホックをひとつ広めにとってみるなどの工夫をすることはできるはずです。

背中の肉に気が付かないと太っているのにはみ肉を見せれるなんてまったく痩せる気がないのだとまで思われてしまうことに。
普段からはみ肉が気になっている人は日々、チェックすることがダイエットへの近道にもなるのです。


服装はもちろん、体型への気遣いも大切。
気づきにくい部分だからこそ余計に意識することで、きちんと感をアピールすることができますよ。
これからは外出する前に必ず後ろ姿のチェックも忘れないようにしてみてくださいね。

(文/恋愛jp編集部)