彼から、「僕がいなくても大丈夫そう」と言われた経験はありませんか?
男性は、女性を守りたいと思い、そのような女性を長く大事にするもの。
今回は、男が「守りたくなる彼女」の特徴を紹介していきます。

(1)甘え上手で妹気質

『甘えられると全力で守ろうと思う』(34歳/サービス)

男性は女性から頼られたいという願望があるもの。
上手に甘えて頼ってくる妹気質の女性を、守りたいと思うようです。

例えば、1人で何でも解決してしまう彼女では、守ることなんてできませんよね。
むしろ1人で大丈夫そうと、手を差し伸べることもしなくなります。

しかし、たまには甘えてくる女性は、何かしてあげたくなるのが男心。
いつも甘えっぱなしではいけませんが、上手に男性を頼ることが必要です。

(2)頑張り屋

『同じ職場で、仕事頑張ってるのが分かっているから、時々心配になる』(27歳/広告)

なんでも一生懸命に頑張っている女性は、応援したくなるもの。
そんないつも頑張っている彼女が、頼ってくると守ってあげたくなります。

例えば仕事を頑張っているのであれば、彼女の力になりたいと思うもの。
この時必要なことは、彼を頼るということ。
頑張らずになんでも彼を頼ると、「1人でやれよ」という気分になりますが、一生懸命頑張っている彼女が頼ってくると、手を差し伸べたいと思うようになります。

もちろん相談することでもOK。
1人で頑張るのではなく、上手に彼を頼ることが、守りたいと思う瞬間です。

(3)おっとりしている

『彼女はおっとりしていて、危なっかしく思う』(28歳/企画)

おっとりしていて、どこか危なっかしい女性を、男性は守りたいと思うもの。
思わず心配してしまうような、少しハラハラさせることが、男性の守りたいという気持ちを引き出します。

自分がいないとダメだと感じると、彼女を全力で守ろうとするもの。
ただし、おっとりし過ぎて、1人では何もできないようなお嬢様は、手が掛かり過ぎるのでNG。
きちんとする時はきちんと出来る、メリハリが必要です。

(4)強がっている

『人前では姉御肌の彼女が頼ってくると、全力で守りたいって思う』(32歳/広報)

人前では強がっているけれど、彼の前では弱い部分が見せてくる彼女は守りたいと思うもの。
男性はギャップに弱く、自分しか知らない彼女の一面があることに幸せを感じます。
彼女の弱い部分を知っているのは自分だけなので、自分が守らなければという気持ちになります。

弱みをあまり見せられない女性でも、彼の前では甘えられる、弱い部分をだせる女性になって下さい。
ただし、ずっと弱い部分しか見せないのではNG。
たまに彼に泣き言を言うぐらいがベストです。


女性を守ってあげることが、男性にとっての役割だと思っている男性は多いもの。
ただし、守るのが当たり前だと思わせてしまうと、一気にヤル気をなくしてしまうので注意が必要です。
彼には、上手に甘えて頼って、守ってもらえる彼女になりましょう。

(文/恋愛jp編集部)