彼に「お姫様扱い」されたい!と思うことありますよね。
でも、美人じゃないから「お姫様扱い」されないと思っていませんか?
もちろん見た目を美しくしていることも重要ですが、それだけではありません。

今回は、彼に「お姫様扱いされる女子」の特徴を紹介していきます。

(1)当たり前にしない

『3年付き合っても「ありがとう」をたくさん言ってくれる彼女のことは、とても大事にしています』(31歳/サービス)

彼があなたのために何かしてくれることに、心から感謝をしていますか?
例えば、デートの時送り迎えしてくれたこと、荷物を持ってくれたことなど、お付き合いしていれば「ありがとう」と思う時があるはず。
そうしてくれることを、「彼氏なのだから当然」と思ってしまう人は、お姫様扱いはされません。

お付き合い当初は、「ありがとう」と言っていたことも、慣れてしまうと当たり前のようになります。
しかし、感謝されずに当たり前と思わると、男性も「何かをしてあげたい」という気持ちは薄れるもの。
お姫様扱いされる女子は、彼がしてくれることを当たり前と思わずに、感謝の気持ちを忘れない女性です。

(2)厚意を受け取ることが上手

『たまに男らしくエスコートすると笑われるので、もうしません』(25歳/企画)

お姫様扱いされる女子は、彼からの厚意を受け取ることができ、感謝できる女性。
例えば、彼が奢ってくれた時に悪いからと断ったり、エスコートしてくれた時にキャラじゃないからとからかったりしていませんか?
このように、彼からの厚意を断れば、彼女にとっては嬉しくないこととしてインプットされ、彼からの厚意はどんどん減っていきます。

男性から優しくされることに慣れ、上手に甘えて頼ることができる女性は、ずっとお姫様扱いされる女子。
もちろんこの時に、彼への感謝を忘れずに伝えられる人であることが大切です。
男性は、また喜んで欲しい、期待に答えたいと思うようになります。

(3)感情を伝えられる

『プレゼントをあげると大袈裟なくらい喜んでくれる女性はとても可愛い』(27歳/不動産)

男性は、彼女の喜ぶことをしてあげたいと思うもの。
そのためには、彼女が何をしたら「嬉しい」と感じ、何をされたら「イヤだ」と思うかを知ることです。
しかし、女性側がその感情を伝えなければ、彼はずっと分からないまま。

感情を素直に表現できる女性は「嬉しい」が分かるので、もっと喜ばせたいと、自然にお姫様扱いするようになります。
もちろん「好き」という愛情表現も必要。
自分を好きでいてくれる女性を喜ばせたいと思うことは、とても自然なことですよね。

(4)精神的に自立している

『天然な彼女だけど、仕事の時はカッコ良くて尊敬している』(33歳/コンサル)

彼なしでは何も出来ないお嬢様が、お姫様扱いされるイメージありませんか?
たしかに男性は、守りたいという欲求があるので、放っておけない女性に反応します。
しかし、精神的に自立していない女性は「守る」ではなく「お世話」するであって、お姫様扱いではありません。

尊敬できる間柄が成り立てば、彼女を大事にしたいという気持ちが表れるもの。
彼ばかりに干渉して、恋愛依存している女性とは、尊敬できる間柄になれずに飽きてしまいます。
彼との適切な距離感を持て、精神的に自立している女性をお姫様扱いします。


お姫様扱いされる女性は、彼のことを王子様扱いしています。
彼を敬い、大事にしているからこそ、彼から大事に扱われるもの。
求めるばかりではダメ!与えることも大事ですよ。

(文/恋愛jp編集部)