恋人と「価値観が合わないな……」と悩んだことのない女子はほとんどいないはず。
将来のことも考えたら、違和感を持ちつつ付き合い続けるのはしんどいなあ、なんて思ってしまいますよね。

今回は、そんな価値観が合わない彼と付き合う上での対処法を考えてみました。

(1)自分が納得するまで付き合う

『価値観はすり合わせするものだと思う。もう結婚を考える年齢だし「合わない」で切り捨てると後悔しそう』(29歳/不動産)

「馬には乗ってみよ人には添うてみよ」ということわざをご存知でしょうか。
ちゃんと付き合ってみなくては、その人の本質は分からない、という意味です。
価値観が違うから即お別れ!では誰とも長く良好な関係を築くことはできないでしょう。

価値観が違ってもすり合わせができる相手かどうか、見極めがつくまでお付き合いしてみることも大切です。
たとえ関係が続かなくても、あなたの人間力をアップできると思います。

(2)男女の違いと思って割り切る

『同じ人間だと思うから価値観の違いに悩むので、なにかあったら「男だから仕方ないな」で乗り切ります』(31歳/金融)

ひところ話題になった「男性脳」「女性脳」という考え方、いまやすっかり定着した感がありますね。
同じ人間なんだからそんな男女の違いでバッサリやるなんて……と思っていましたが、いえいえこれが、「脳の作りが違うんだ」と考えた方が楽なことが多いのです。

そもそも違う人間なんだから違うのが当たり前、さらに相手が男性なんだからもっと違って当たり前。
こう考えると、お互いの価値観に合わせて変わらなきゃ、変えなきゃ!という焦りから解放されて、ちょっと気が楽になるのではないでしょうか?

(3)友だちの彼氏の話を聞かせてもらう

『友人の彼氏の愚痴を聞いていると、価値観が一致するカップルなんていないんだと分かって安心』(27歳/サービス)

長続きしている友だちカップルの話を聞かせてもらいましょう。
問題なく仲良しに見えていても、それなりに価値観の違いに悩んだり喧嘩したりしているはず。

自分だけじゃないんだ……と分かり、彼のせいでも自分のせいでもないんだと気付けると、あまり思い悩むこともなくなります。
それにもう一つ、「うちの彼の方がまだマシかも……」なんて実感できるかも。

(4)別れたほうがいいケースも……

『お金の使い方や人生設計など、これだけは譲れないと思う価値観が違っていたら、別れます』(33歳/商社)

さまざまな価値観に触れることや、お互いの価値観の違いを認めて付き合うことはとても大事なことです。
とはいえ、相手に合わせてばかりも考えもの。
許容できるポイントは考えておいたほうが良いでしょう。

なかでも、お金の使い方や結婚観など一緒に暮らしていくには譲れない部分の価値観が大きく異なっているとしたら、お別れを視野に入れることも考えてみましょう。
「愛があれば人は変わる」と思いたいものですが、自分であれ彼であれ、「変わる」のは相当なエネルギーが必要なこと。
無理がある関係はいずれ破綻をきたす恐れがあります。


ご参考になったでしょうか?
価値観が最初から同じカップルなんていませんし、何十年も連れ添った夫婦でもなかなか一致するものではありません。
まあ違ってるのも楽しいかも、くらいの気持ちでゆるく考えておくことをオススメします!

(文/恋愛jp編集部)