ちゃんとファッションとして着ていても、実は外から見たら安物に見えてしまう……。
意外とそんなこともよくあるものです。

せっかくのデート、彼氏に「えっ?そんな安物着てるの?」なんて思われたら嫌ですよね。
コーディネートを考える際は、ぜひ「安物見えファッション」には気をつけてください。

(1)シワが多い

『慌てて来たのかな?しわしわの服で来られてショックだった』(24歳/美容師)

シワが多い服は要注意です。
手入れをしていないせいでシワだらけなのは問題外ですが、もともとシワ入りのデザインもありますよね。
実はそれもファッションと分かっていない人も多いので、そんなときは安物に見えてしまいがち。

いい大人なのにシワのある服を着ているの?とドン引きされてしまうかもしれません。
シワ入りの服はファッションでもあまり着るのはおすすめできないものです。
特にしっかりとしたデートでは着ないようにしておきましょう。

(2)ペラペラの服

『そんなに寒いならもっと厚手の服着ればいいのに……』(26歳/コンサル)

実はペラペラで薄手の服も安物に見えてしまいがちなところはあります。
薄くて寒そうな感じが、どこか貧相に見えてしまうのかもしれません。

「そんな薄い服を着るしかないくらい貧乏なの……?」なんて思われてしまったら嫌ですよね。
生地が少し薄いものは、特に好きな男性とデートする際は避けた方が良い。
金欠で服を買うお金すらない人に見られて、心配されてしまうかもしれませんよ。

(3)色褪せ

『同じ服ばっか着てるのかなって思ってしまう』(29歳/サービス業)

色褪せている服は、安物に見えてしまう服の代表格とも言えます。
特にダメージジーンズ系は色褪せている加工がされているものが多いですよね。
これは例えファッションだったとしても、安物に見えてしまう可能性が高い。

特に色褪せ系は、ファッションに疎い人からしてみれば、ただだらしない服にしか見えないもの。
下品な印象を持たれたくなければ、色褪せ系もなるべく多用はしない方が良いかもしれません。

(4)毛玉がついている

『1個、2個付いてる程度ならいいんだけど、多いとずぼらな人なのかなって思う』(27歳/IT)

特に冬場は要注意ですが、毛玉のついているセーターやニットの印象は最悪です。
どんなに高いブランドの服だったとしても、毛玉がついているだけで安物に見えます。
せっかくの高級品が台無しですよね。

女性なのに毛玉すら取っていないというのは、不潔な印象にも繋がってしまうでしょう。
男性が好むのは服のお手入れもしっかりとする、清潔感のある女性です。
服の毛玉はこまめに取るように気をつけましょう。


安物に見えてしまうファッションがあるというのも衝撃ですよね。
自分自身では自信を持ってコーデを考えていても、意外と安物に見えているなんて切なすぎます。
特にTPOを考えて、大事なデートの時は、安物見えファッションはぜひ避けたいところですね。

(文/恋愛jp編集部)