男性が気になる女性に対して、「これって脈あり?」って意識するサインとはどんなものがあるのでしょうか。
男性が見る脈ありサインとは、「もしかして俺のこと好きなのかな?」と思わせるサインということ。
ここでは、男性が見る脈ありサインをご紹介します。

(1)目が合って微笑む

『目が合っただけでも、ちょっとドキッとするのに、同時に微笑まれると、これはキタってなります』(28歳/商社)

好きな人ができると自然と目で追ってしまうもの♡
バレないようにと、目を合わさないよう意識していても、ふとした瞬間に視線を向けてしまいます。

そんな時にあなたと目が合い、微笑んでみると彼もぐっとくるかもしれません。
目が合う頻度が増えれば、相手も次第に「もしかして……」と思うようになり、「これって脈あり?」と思うようになるでしょう。

(2)共感が多い

『単純なので、笑顔で話を聞いてくれたり、頷いてくれてるだけで、自分に興味あるんだなって思っちゃうだよねー』(33歳/メーカー)

男性は自分の話を楽しそうに聞いてくれることを喜びますが、一方で自分の話が受け入られなかったらどうしようと些細な不安も抱いてしまうもの……。
そんなときに、相手が自分の話を否定せず、共感しながら笑顔で聞いてくれると、自分に好意があるのかもしれないと思うでしょう。

(3)質問が増える

『質問をしてくれるってことは、話をきちんと聞いてくれてる証拠ですし、もっと僕のことを知りたいって思ってくれてる証拠ですからね!』(25歳/アパレル)

LINEなどを続けるテクニックでよくいわれるのが疑問形で送るようにすることです。
そうすると相手も返事を返しやすくなり、やりとりが続くようになります。

実はこのテクニック、女性だけでなく男性もよく知るテクニックなのです。
もちろん本当に聞きたいことがあって質問することもあると思います。

的外れな質問でなく本当に知りたくて聞いているのであれば、自分への質問が増えるほど、相手に好感を抱くでしょう。
LINEに限らず日常会話の中でも、質問が多いということは自分に興味を持ってくれている証拠と捉えて、男性は脈ありだと感じるようになるでしょう。

(4)他の男性と態度が違う

『やっぱり、自分だけ特別な感じで接してくれる人には、好かれてると思っちゃいますよ。わかりやすくやってくれないいと気づかないこともあるかもしれませんが』(34歳/銀行)

極めつけは自分だけの特別だと感じることです。
相手が、他の男性にはしないことを自分だけにしてくれていると感じると、男性は脈ありだと思うでしょう。

他の人とは違う呼び名で呼ばれたり、プレゼントやサービスをしてくれたり、自分にだけ悩み事を相談してくれたりすると、喜びも高まります。
好きな気持ちを気づかせたい相手には、わかりやすい形で、彼だけに特別感を見せるといいでしょう。


ここまで見てきたように、男性が感じる脈ありサインはわかりやすいのが特徴です。
自分の好意を気づかせたい相手がいるのなら、恥ずかしがらずに示してみて。
好きな人ができたなら、あまのじゃくな態度は控えて、サインを見せるようにしましょう。

(文/恋愛jp編集部)