彼とずっと一緒にいると、彼女のおかげで癒される機会はどうしても減ってしまいがち。
これは仕方ないことですが、一緒にいることが当たり前になってくると、ドキドキしたり新鮮な気持ちになることが少なくなっていってしまうからなんです。

でも、意識的に彼を癒すテクニックを使えば、今よりももっと楽しい交際ができるはず!
今回は、彼に使える癒しテクをご紹介したいと思います。

(1)感謝をきちんと言葉に出す

『改めて、ちゃんと言われるとやっぱり嬉しいですね』(24歳/Webディレクター)

感謝の気持ちを口に出せていない人は結構多いのではないでしょうか。
何気ないときに「好きだよ」とか、「いつも一緒にいてくれてありがとう」といった恥ずかしくて言いづらいセリフもたまには必要!
特に同棲していたり、結婚して子どもが出来ると彼を第一優先にできなくなってくるので、そういったときにこそ意識して言葉に出すことが重要なんです。

(2)家族のために頑張ってくれることを感謝する

『この人のためにもっともっと頑張らなきゃ!と思えるようになるんだよね』(27歳/TV制作)

これは一つ目の延長線上ですが、男性は基本的に守るもののために努力したりキツい思いをしているので、家族や恋人のために仕事を頑張ってくれているという点に対し、て感謝の気持ちをきちんと伝えましょう。
コツとしては、家事や育児を手伝ってもらっている時に、「お仕事でいつも疲れているのにごめんね。いつも感謝してるよ」といった言葉を添えてあげるといいでしょう。

(3)食事やお酒で特別サービス

『急にくると不思議と嬉しい。頑張ってるの見ててくれたんだなって思いますね』(28歳/事務)

お酒でもご飯でも何でもいいのですが、特別な日でなくても彼にだけ高級なお酒を用意してあげたり、美味しい食事を作ってあげれば、男性も特別に扱われている気持ちになれます。
食事は彼だけ少し量が多いという些細なところでも構いません。
特別に扱っている姿勢が伝われば、彼もあなたの気持ちや計らいに気付いてくれるはずです。

(4)スキンシップで癒す

『付き合いたての頃よりも少なくなってきてるので、久しぶりにそういうことされると、やっぱりドキドキしちゃいますね』(24歳/会社員)

スキンシップはキスとかだけでなく、手を握ったり頭をなでたり、腕を組んだりといった些細なことでも十分です。
付き合ってある程度の期間が経過すると、徐々にスキンシップも無くなっていって、いちゃいちゃすることも恥ずかしくなってしまいますよね。
そういうときこそ女性の方からスキンシップを取りにいきましょう。


以上が彼を癒すテクニック集でした。
意外と男性はこういう癒しを求めていますので、恥ずかしがらず積極的に使ってみましょう。

(文/恋愛jp編集部)