「結婚したいのに、彼からは何も言ってくれない」と思っていませんか?
長く付き合っているのに、中々結婚まで進展しない……。
しかし、あまりにも直接的に話をするのも難しい。

今回は、そんな彼に結婚を意識させる方法を紹介します!

(1)周りの幸せな結婚の話をしてみる

『結婚のメリットが明確になって、前向きに考えるようになった』(28歳/システムエンジニア)

男性が結婚を切り出さないのは、結婚に大きなメリットを感じていないからです。
女性と違って苗字も変わらなければ、結婚後もこれまでと同じように仕事をしていく男性にとって、結婚に対するイメージがあまりないのは当然のこと。

幸せな結婚生活を感じさせるようなエピソードを聞かせれば、それとなく結婚を意識させることが可能です。

(2)彼の両親と仲良くなる

『両親とも上手くやってくれるのであれば、安心して結婚ができますね』(32歳/営業職)

結婚において「嫁・姑問題」は、今も昔も大変です。
男性としても間に挟まれるのは避けたいと思っている人も多く、自分の家族と結婚する前から仲良くなれれば、結婚に対する不安も一つ減ります。

また、あなたが上手く彼の家族にアピールすることができれば、彼の家族から彼に対して結婚を促すようなアドバイスをしてくれるかもしれません。

(3)結婚用の口座を作る

『お金の面できっちりしているので、結婚しても安心できる』(27歳/販売業)

お金の問題は、不景気の世の中では非常にシビアなものです。
こういった部分をきっちりとできる女性は非常にポイントが高く、男性は安心感を覚えます。

また、専用の口座を作ったことを知らせること自体が結婚を意識せざるを得なくなりますし、その額が増えてくれば、尚のこと真剣に考えてくれるはずです。

(4)胃袋を掴む

『手料理があるだけで、仕事が頑張れるんですよね』(26歳/運送業)

今も昔も料理は女の武器です。
仕事でいっぱいいっぱいの彼に対して、料理を作って帰りを待っていれば、彼女のいる空間こそが彼のいる居場所だと思ってくれるでしょう。


ポイントは、強くアピールしすぎて彼にプレッシャーをかけない事。
さりげない行為で結婚を意識できるように示し、自然に彼からプロポーズをしてもらえるように頑張りましょう!

(文/恋愛jp編集部)