いつも気持ちよくしてもらってるあらたまには彼氏にお返ししたいな、なんて思うことありませんか?
でも、気持ちよくさせてあげたいと思っても、なかなかどうしたらいいかわかりませんよね。

今回は、すぐ実践できる男性の我慢汁が溢れる「焦らしエロテク」を紹介していきます。
是非使ってみてくださいね。

(1)握ってくれるまでが長い

『おにぎりのようにニギニギしてーや』(29歳/広告)

男性はじらされたり、ソフトタッチされたりするのが好き。
特に、アラサーの恋人ともなるとサルの様に即入れたいという若い子よりは、ダンディな大人のエッチを楽しみたい大人が相手ですよね。

「触ってほしい?」と質問しながら、ゆっくり焦らして、あらゆる角度から撫でて、直に握るまで時間をかけましょう!
なでたり、触るか触らないタッチを繰り返したりして相手がお願いしたくなるまでたっぷり遊んであげてください。

(2)ちろちろ舐めが長い

『そ……んなことされたら。意識なくなります……♡』(31歳/商社)

アソコを握った後は口に含むまでも、もちろん焦らします。
ちろちろと先っぽを舐めるのはもちろん、側面、下側……と部分的に舐めて、口に含むのは後回しにします。

男はもちろん早く口の中に含んで欲しいと思っているので、ちろちろ舐めを十分にしてから、ゆっくり口に少しずつ含んであげるのが良いでしょう。
焦らされて我慢汁があふれるくらい愛撫してあげると、男も気持ちよさマックスのはず♡

(3)「ゆっくり挿入して」とお願いする

『興奮バロメーターがぶっ壊れますわ!!!!』(25歳/販売)

愛撫で散々焦らして挿れたい欲が高まった後も、直ぐに入れるのではなく、ゆっくり入れてもらってください。
男は早く中にいきたくてたまりません!!

そこを「ゆっくり挿れて」とペースの主導権を握ることで、相手はまた気持ちよさの中、我慢することになり、我慢汁があふれることでしょう。

(4)イクのを許してもらえない

『ドSなキミに、ズキューーーーーーン♡』(32歳/プロデューサー)

散々焦らして、最高の状態で中に入った後は、イきたい気持ちマックスです。
敏感になっているので、もしかしたらすぐにイってしまいそうな状況かもしれません。

それでも大体男は「イっていい?」と聞いてくるでしょう。
そんな時は一旦「ちょっとっ待って、一緒にイこう」と止まってもらったり、足で腰の動きを止めたりして一回イクのを阻止してみてくださいね。

何度もやると、うまく出せなくなる可能性も出てくるので、1~2回の駆け引きで終わらせておくのがおすすめです。


焦らして相手の気持ちと我慢汁が出そうになるところまで高めるのは、お互いが気持ちよくなるためにも良いことです。
でも焦らしすぎて男がイラっとしたり、本当に我慢できなくなって襲ってきたりすることもあります。
そういうこともあるので、相手の様子を見ながらできそうなラインで焦らしてみてくださいね。

(文/恋愛jp編集部)