大好きな彼と付き合うと、「彼のためにあれもこれもしてあげたい!」と感じる人も多いでしょう。
しかしその行動が、彼に「重い女」という印象を与えているかもしれません。

今回は、彼がウザがる重い女の特徴についてご紹介します。
重い女の特徴を知って、自分の振る舞いを見直してみてください。

(1)束縛が激しい

『束縛がきつすぎるのはしんどい。ある程度はほっといてくれって思ってしまう。こちらのプライベートを尊重する気持ちはきちんと持っていてほしい』(29歳/証券)

束縛が激しすぎるのは、重い女の特徴と言えます。
彼が出かける時に「どこへ行くの?」「誰と行くの?」「何時に帰ってくる?」など質問攻めにしたり、少しでも彼が帰る時間が遅くなると何度も電話やメールをしていませんか?

このような行動は、彼を疲弊させてしまいます。
彼には彼の付き合いがあるということを忘れてはいけません。
このような振る舞いを続けていると、彼の気持ちが離れてしまっても仕方がないのです。

(2)結婚の話を頻繁にする

『結婚のことを全く考えていないわけではないけど、タイミングをきちんと選びたい。毎日のように結婚結婚と言われるとうんざり』(30歳/営業)

「結婚したら……」と勝手に妄想の話をしたり、結婚情報誌を常に読みあさっていたりなど、常に結婚を匂わせるような行動をするのも重い女と言えます。

きちんとしたお付き合いをしているのであれば、彼もそれなりに将来のことを考えているはずです。
男性にとって、仕事の節目など結婚を決断するタイミングがとても大切だということを忘れてはいけません。
そのようなタイミングを無視して結婚を急かしてばかりいると、男性の結婚に対する気持ちが後ろ向きになってしまいます。

(3)常に彼氏中心

『自分の世界が全くなくて、彼氏しか見えてない人はちょっと重すぎる。大人なんだから、きちんと自分自身のプライベートも充実させてほしい』(25歳/コンサル)

彼氏との予定ばかりを優先して彼中心の生活を送っていませんか?
彼氏中心で彼氏以外に楽しみが何もないという女性は、男性から重い女と思われている可能性があります。

彼氏に依存してばかりではなく、夢中になれるような仕事や趣味を持つことが大切です。
自分のプライベートを充実させてこそ、お互いを大切に尊重しあえる関係が築けるのです。

(4)母親気取り

『彼女だからといって、身の回りの世話を全部してほしくない。母親のつもり?って思ってしまう』(27歳/SE)

彼の部屋を勝手に掃除したり、頼まれてもいないのに料理を作ったりなど、必要以上に彼の世話を焼くのも止めるべきです。
彼のために良かれと思ってしたことでも、度が過ぎるとありがた迷惑になってしまうことを忘れてはいけません。

彼の世話を焼き過ぎると、男性は「母親気取り?」と感じてしまい、重い女だと思われてしまうでしょう。


今回は、彼がウザがる「重い女」の特徴についてご紹介しました。
大好きな彼と良い関係を保ちたいのであれば、ある程度の距離感を持つことを忘れないでください。
自分の行動を見直して、重い女から脱却しましょう。

(文/恋愛jp編集部)