アウトドアや遊園地、公園などなど。
お外での活動が多くなる屋外デートは室内とは違って顔に光りが当たる分、メイクの出来栄えも目立ってしまいがち。
明るく見えるからこそアピールしたいポイントはきちんと抑えておきたいもの。

そこで今回は屋外デートで是非とも実践したいポイントメイクをピックアップしてみましたよ。

(1)パープル系のアイライン

『パープルな瞳にメロメロ♡』(31歳/企画)

じんわり大人っぽさもプラスしたいならアイラインにラベンダーカラーなどのパープル系を取り入れることでセクシーな目元に。
まぶたに影を入れることが出来るので、大きな目元を作り出すこともできます。
うまくグラデーションで塗り広げて露出の多い洋服にもあう大人メイクに仕上がります。

(2)サーモンピンクのリップ

『ナチュラルな感じがして爽やかですよね』(24歳/コンサル)

派手めなレッドやピンクが人気の現在ですが、夏は夏らしいカラーをリップに取り入れるだけで、お洒落度が上がるもの。
元気な印象で優しい色味をもとめるならサーモンピンクがおすすめ。
ブルー系のファッションなどにも合わせやすく、水着や浴衣シーンでも使えるのでまさにこれからの屋外メイクとして最適だといえるでしょう。

(3)コントロールカラーを取り入れる

『コントロールカラーはは七難を隠す…♡』(25歳/印刷)

お肌のなやみによって人それぞれ取り入れ方が変わるコントロールカラーですが、改善したい部分にきちんと取り入れ方が合うことでメイクの質もアップします。
特に屋外は細かい部分が鮮明に見えてしまうため、コントロールは強い味方。
赤みが気になるときはグリーン系、シミやクマなどが気になるときはオレンジ、透明感を出したいときはパープルなどが一般的には効果的だと言われてします。

(4)CCやDDクリームをうまく活用

『男の僕もCCクリームは愛用していますよ』(30歳/金融)

BBクリームとは違ってCCクリームは光のコントロールでお肌をきれいに見せてくれる効果が期待できるベースメイクアイテム。
屋外デートなど、日光がしっかり当たるような場所ではベースメイクにCCクリームを取り入れてみましょう。
最近ではDDクリームという日焼け止めもプラスされたタイプがあるのでこれからの暑い季節にはぴったりのベースアイテムです。


屋外はメイクの取り入れ方を少し工夫するだけでもいつもとは違った印象になり、きちんとしたメイクができるかどうかが大きく決まってきます。
自分の肌の状態にあった取り入れ方を研究して、新たなメイクに挑戦してみてはいかがでしょうか。

(文/恋愛jp編集部)