男性から声をかけられないのは、ズバリ隙が無いから!
隙がない女性は、恋愛のチャンスを逃していることになります。

今回は、そんな男が声をかけづらい「隙なし女」の特徴を紹介していきます!

(1)自己主張が強い

『飲み会の席とかでハッキリ意見する人って、正論なんだけど隙が無さ過ぎて恋愛には発展しない』(32歳/公務員)

自分の意見をきちんと言えることは悪い事ではありません。
しかし、全てにおいて自分の意見を通そうとするのは、自己主張が強い人。
融通が利かない我の強さに、隙がない女性と思われます。

自己主張が強い人は、相手の意見に耳を傾けず、真っ向勝負を挑んできているように見えるもの。
自分ではそんなつもりはなくても、相手にとっては意見を捻じ伏せられると感じます。

相手の言葉をきちんと受け入れることは大事!
会話はキャッチボールでありコミュニケーションです。
自分の意見ばかり主張する人とは、楽しく会話できず、隙がない女と認定されますよ。

(2)完璧主義者

『美人でオシャレでキャリアウーマンとか尻込みする』(27歳/営業)

ファッションやメイクなど外見も完璧、仕事も完璧にこなし、自分に厳しい女性は、隙のない女性。
自分に厳しい人は、他人にも厳しいように見えるので、声を掛けづらくなるもの。

もちろん自分磨きも仕事を頑張ることも良いこと。
しかし、完璧主義者は自分に厳しいあまり、失敗を許さないところがあり、とても扱いにくい存在となります。
また、高嶺の花になり、どうせ振り向いてくれないだろうと恋愛対象外になることも……。

隙を出すには相手が話しやすい距離を作ることが大事!
笑って自分の失敗を話せるぐらいの余裕があると、親近感がでてきますよ。

(3)感情を出さない

『クール系の人には声を掛けづらい』(25歳/広報)

喜怒哀楽の感情が表に出てこない女性は、隙がない女!
とくに笑顔が少ないと、話しかけにくい印象になります。

感情を表現することはとても大事なことで、相手に何を考えているのかが伝わりやすく、親近感が沸くもの。
表情が乏しく感情が分からない人は、心を開いてくれていないと思われ、深く踏み込むことができません。

感情表現ができない人は、感情を出すことが苦手なことや、恥ずかしいという気持ちが大きいことが原因。
しかし、それは相手に対して壁を作っていることになります。
まずは、いつもより笑顔を多く取り入れることから始めてみましょう。

(4)弱さを見せない

『弱さを見せない人は、心を開いていないと思う』(34歳/マーケティング)

男性は女性の弱い部分を見て、守りたいという感情が生まれるもの。
しかし、その弱さを見せなければ、一人でも生きていける強い女性というイメージがつき、恋愛には繋がりません。

弱さや甘えから男性を頼ることも時には必要!
そのためには変なプライドは捨てること。
男性に頼ってばかりのあざとい女性にはならないとは思わず、たまには男性に甘えるようにしましょう。

強い女性が自分にだけ弱さを見せるというギャップと特別感に、男性はキュンとするものですよ!


隙とは相手が入り込める隙間と余裕を作ることが大事。
せっかくのチャンスを逃してしまうので、隙がないかもと思っているなら、意識して隙を作るようにすると良いですね。
自分の心を開くことで相手も心を開いてくれるので、隙を作ることはとても重要ですよ!

(文/恋愛jp編集部)