どんな女性でも、気になる人には自分のことを好きになってもらいたいし、付き合っている彼にはもっと自分のことを好きになって欲しいという願望はあると思います。
でもどうすれば彼はあなたのことを好きになってくれるのでしょうか?

実は男性は、日常生活でふとした瞬間見せる彼女の仕草にドキッとしていることが多くあるのです。
今回はその「心が舞い上がる仕草」を紹介します!

(1)髪を耳にかける

『耳に髪をかける仕草は色気を感じる!』(25歳/アパレル勤務)

何故男性はこの仕草が好きなのでしょうか?
その理由の一つとして挙げられるのは女性特有の仕草であるからです。

一般的に男性は女性より髪が短く、髪を耳にかける仕草というのをしません。
そのため、女性がその仕草をしていると同性にはない色気を感じてドキっとしてしまうのです。

また、普段は髪で隠れているフェイスラインをあらわにすることで、セクシーさをアピールすることもできます。
そしてよりセクシーさを演出できる髪のかけ方は、右の髪なら左に、左の髪なら右に、逆側の耳にかけることです。

(2)伏し目がち

『本を見ている時に覗き込まれて、まつ毛が長くてキュンとした』(31歳/不動産業)

上目遣いを「可愛い!」と思う男性は多いと思いますが、その逆の伏し目も実は人気があるモテ仕草なのです。
仕事場に気になる彼がいる場合、一緒に資料を見る時など、少し下を向いて伏し目がちにしてみましょう。

パッと顔をあげた時、彼と目が合ったら微笑んでみましょう。
その一瞬で、彼に「セクシーだな」と思わせることができるかもしれません。

(3)笑う時に手で顔を隠す

『いかにも女の子って感じで可愛い』(33歳/製造業)

大きな口を開けて笑う女性も明るくて素敵ですが、笑う時に顔を手で押さえて笑うと可愛さが倍増します。
少しぶりっこっぽく見えるかもしれませんが、普段見せない少し幼く見えるその仕草に彼もキュンとしてしまうはず。

片手でも両手でも構いませんので、彼と話す時はこの仕草を試してみましょう。
また、彼に何か褒められた時も恥ずかしそうに手で顔を隠すと可愛らしく見えます。

(4)服の袖や裾を引っ張る

『さりげなく服を掴まれて、なんか初々しくて新鮮だった』(28歳/コンサルタント)

人混みではぐれそうになった時など、彼の服の裾をキュッと引っ張ってみましょう。
この控えめで、さりげない接触が彼をドキッとさせるのです。
まるで「私を置いて行かないで。」と言われているような気分になるという意見もあります。

「甘えたいけど甘えられない、帰りたくないけど、そんなこと恥ずかしくて素直に言えない……」という女性は、彼の服の裾や袖を引っ張って彼の目をジッと見つめてみるのもいいかもしれません。
その仕草に「守ってあげたい!」と思う男性も多いようです。


さて、今回は「男性がときめいた仕草」を紹介しました。
どの仕草も日常生活に簡単に取り入れることができますので、気になる彼に是非試してみてください。
何回もやりすぎてしまうと「狙ってるんじゃない?」と思われてしまいますので、不自然になりすぎないように気をつけましょうね。

(文/恋愛jp編集部)