「彼からなかなかLINEが返ってこない」とイライラした経験はありませんか?
女性とくらべて、男性はLINEが苦手な人が多いです。
LINEが苦手な彼でも、返しやすいようなメッセージを送ってあげてくださいね。

今回は彼が「すぐに返信したくなるLINE」を4つ紹介します!
この4つを駆使して、即レスをいただいちゃいましょう!

(1)短い質問

『長ったるいと返す気なくなっちゃいますしね~短文が好きです!』(32歳/商社)

短い質問系のLINEだと、一言か二言で返せるので、彼も返しやすいですよ。
「今度~行かない?」「~って好き?」など彼の好みを聞いて、ついでに次のデートの計画も立てちゃいましょう。

「今日の下着何色でしょう?」なんて、カップルだからこそできる質問もおすすめです。
「正解したら、写真送ってあげる♪」とLINEすると、彼の返信のモチベーションがさらにアップしますよ。
正解したら、ブラの色がわかる胸の谷間の写真でも送ってあげましょう。

(2)相談

『頼られるとやっぱ嬉しいですね』(28歳/IT)

彼女に頼られるのが好きな男性は多いです。
彼女から相談事のLINEがきたら、信頼されているように感じます。
たとえ小さなことでも、親身になって相談にのってくれようとするでしょう。

仕事のことや家族のことなど、気になることは何でも彼に相談してみてくださいね。
やりすぎると面倒くさがられるので、ほどほどに相談するさじ加減も大切です。
彼もあなたから信頼されていると感じ、もっと守ってあげたいと思ってくれるでしょう。

(3)デートの会話の続き

『これされるとデートのことを思い出してニヤけちゃいます(笑)』(26歳/公務員)

デートの後は、家に帰っても彼とのつながりを感じていたいですよね。
そんなときは、彼にデートの会話の続きのLINEをしてみましょう。
会話の続きの内容だと、彼も返信しやすいですよ。

そのまま話が盛り上がって、寝るときまでLINEし続けることも。
楽しいデートを思い出しながら、幸せな気分で眠りにつけますよ。
2人の仲もさらに深まって、一石二鳥です。

(4)彼の趣味の話

『LINE苦手ですが、趣味について聞かれたらつい答えたくなります』(31歳/交通)

LINEが苦手な彼も、自分の趣味の話なら、返信がそこまで苦にならないでしょう。
ギターやゴルフなど、LINEでの会話を彼の趣味に合わせてあげてくださいね。

「具体的にどんな内容を送ればいいのかわからない」という人は、彼の趣味を始めてみるのもおすすめです。
彼の趣味がギターならギター、ゴルフならゴルフ、ギャンブルなら競馬やスロットをやってみましょう。

先入観を持たずに「とりあえず」やってみると、意外と楽しいかもしれません。
ただしギャンブルにはハマりすぎないように、気をつけましょう。
彼の趣味を自分もやってみることで、彼とのコミュニケーションもぐっと増えますよ。


彼がすぐに返信したくなるLINEを、4つご紹介しました。
LINE無精の男性も多いので、LINEを返信してほしいなら、彼が返しやすい内容を送ってあげましょう。
返しやすい内容なら、彼からのLINEの返信率もぐっと上がりますよ。

(文/恋愛jp編集部)