男性にとって、女友達はいつまでも女友達のままなのでしょうか?
いいえ、それは違います。
例えただの友達の女性でも、「女性らしさ」を感じる瞬間はあるものなのです。

では、男性が友達に「女」を感じたときはどんなときなのでしょうか。
そんな魅力的な仕草を、今回はご紹介します。

(1)結った髪の下のうなじがきれいだったとき

『普段見えないだけにチラッと見えるだけでテンション上がる!』(25歳/広告)

女性のうなじは男性が色気を感じる部位の一つです。
ただ、うなじって普段は隠れていることも多いので、あまり意識することもありませんよね。
でも、女友達が髪を結っているときなど、ふとした瞬間に彼女のうなじを意識するときが来ます。

そんなうなじを「綺麗だ」と思った瞬間などは、友達に「女」を感じるものです。
とたんに恋愛対象として意識してしまって、ぎこちなくなってしまう男性もいるものです。

(2)下着がチラリしたとき

『意識せずともついつい目がいっちゃう……』(23歳/美容師)

女性の仕草として大事なのは、まさに「チラリズム」です。
例えば女性の下着がチラリした瞬間などは、ときめかない男性は少ないものでしょう。
夏服を着ていて、ブラ紐が見えたときなどは特に男性はキュンとしてしまいますね。

また、チラリではなくても、下着がちょっと透けているようなときも同じです。
水に塗れて下着の色が透けていたときなどは、特に男性は興奮してしまうものでしょう。
普段見えないものが見えてしまう、そんなシチュエーションが大事なのです。

(3)プルンとした唇を意識したとき

『え、キスしていいんかな?』(27歳/コンサル)

女性の魅力的な場所は唇とも言われます。
特にグロスや口紅がきれいに塗られたプルンとした唇は、男性の大好物なのです。

いつも接している女友達が、ある時突然そんな唇をしてきたらどうでしょうか。
まるでキスしたくなるような唇に、ゴクリと唾をのみ込んでしまうことは間違いなしです。

(4)ふとボディタッチして柔らかさを感じたとき

『プニプニ感がたまらない。もっと触っていい?』(27歳/営業)

女性の体は柔らかく、そのプニプニとした気持ち良さは、男性をみな虜にするものです。
友達同士ですから、接していてふとした瞬間に体が当たることもありますよね。
そんな風にボディタッチしたとき、男性は改めて友達に「女」を感じるのです。

「こんなに柔らかかったなんて……」と男性は思わずキュンとしてしまうでしょう。
それくらい女性の柔らかい体には、男性を夢中にさせてしまう魅力があるのです。


普段はただの女友達でも、ふとした瞬間に女性らしさを感じるときはあるものです。
好きな男友達がいて、女性として意識してもらいたいなら以上のポイントを意識してみましょう。
いつもとは違った印象に、彼は「女」を感じてキュンときてしまうこと間違いなしです。

(文/恋愛jp編集部)