初デートまではスムーズで楽しかったはず。
正直脈アリと思っていたのに、2回目のデートに誘われないのはなぜ……?
そんな悩みを抱えている女性も少なくないのでは。

そこで今回は、自然と2回目のデートにつなげるための、4つのテクニックをお伝えします!

(1)初デートの時に、次に行きたい場所を伝えておく

『初デートの時に「次はドライブに行こう」、「イタリアンが食べに行きたいな」など、具体的な会話があると、2回目のデートに誘いやすいですね』(28歳/IT)

相手が脈アリか脈ナシか?と気になるのは、男性も一緒。
初デートの時点で、2回目は○○に行きたい、と具体的な提案があれば、男性も安心して2回目のデートに誘うことができます。

相手の第一印象は、ある程度最初のデートでわかりますよね。
「一度きりで終わらせたくない」と思うのであれば、初デートの時点で2回目のデートに誘ってもらうための話題作りをしておくのは、必須のテクニックといえます。

(2)初デート後は、お礼LINEで次回の約束

『初デートのお礼のLINEが終わった後、一旦違う話題になってしまうと、2回目のデートに誘いにくくなって自然消滅しがちです……』(24歳/商社)

初デート後に、お礼の連絡をするのはもはや常識。
ですが、その後すぐに2回目のデートの約束をしておくのが、次のステップに進む近道です。

最初のデートから1週間以上経ってしまうと、誘いにくくなってしまうもの。
お互いの仕事の忙しさにもよりますが、できれば初デートから2~3週間以内に2回目のデートができると、ベストなタイミングですね。

(3)彼のことをたくさん褒めて、「たてる女」を演じる

『初デートでの行き先や、選んだお店を褒めてもらえると、俺とセンスが合うな~ってうれしくなりますよね。また誘いたくなります!』(31歳/自営業)

初デートでの彼のお店選びのチョイスや、行った場所を具体的に褒めるのはとっても有効。
彼がちょっぴり優越感に浸ってくれればこっちのもの。
「あんな素敵なお店初めてだった!またおすすめのお店、教えてね♡」とおねだりすれば、自然と2回目デートの流れになること間違いなし!

もちろん、昔別の人と行ったことのあるお店だなんて、絶対内緒です♡

(4)ちょっぴり思わせぶりな態度をとる

『まったく脈がなさそうな女性を二度目のデートに誘うのは、正直男性としても気が引けるので、OKサインが欲しいです!』(30歳/営業)

アラサー以上の世代なら、「次に付き合う女性と結婚するかも……?」と意識する男性も多いもの。
まったく脈がない相手はデートに誘いにくいですし、これ以上進展しないなら、時間の無駄と思われてしまう可能性があります。

特に奥手男子に多いのが、「相手が自分に確実に好意を持っていないと誘えない」というタイプ。
「○○君との初デート、楽しかったからまた会いたいな♡」と直球で伝えるくらいがちょうどいいはず。


2回目のデートに誘われるためには、誘いやすい女性を演じることも大切なテクニック。
勝負は初デートの日からはじまっていることを忘れずに!

(文/恋愛jp編集部)