「彼が中々結婚を切り出してくれない」と悩んでいる女性は非常に多いです。

女性から結婚のことを切り出すのは、必死になってると思われたり、男性のプライドを傷つけたりと上手くいかないことも多いです。
また、プロポーズをされること自体が夢である女性も多いでしょう。

そんな女性の発言一つで男性に結婚を意識させることができたらどうでしょう。
今回は、そんな結婚を意識させる女性の発言についてお話しします。

(1)同棲してみたい!

『一緒に生活するということが一気にリアルになった』(24歳/運送業)

これまで、彼氏彼女の関係で過ごしてきたものの、結婚生活が具体的にイメージできないことが結婚を意識できない根本的な原因でもあります。
だからこそ、同棲してみたいという意思を告げることで、一緒に暮らすということをリアルに考えるきっかけができるのです。

(2)一回ちゃんとウェディングドレスが見てみたい!

『店に入ると、店員さんから結婚が決まっているかのような扱いをされて、その時初めて結婚を意識させられた』(29歳/建築業)

大型ショッピング施設に行くと、中にウエディングドレスが飾ってあるような店舗があります。
買い物のついでに、「一回見てみたかった」と言って、一緒に入ると、店員さんは当然婚約済みもしくは、もうすぐ結婚するカップルが来たと思います。
そういう扱いをされれば、彼氏がいくら鈍感でも、しっかりと結婚を意識するでしょう。

(3)自分が若い時に子供の授業参観に行きたい!

『妙な優越感に浸りたいんでしょうね』(27歳/コンサル)

結婚を考える上で重要になるのが子供のことです。
どのような価値観で結婚・出産をしたいのかということをそれとなく伝えることで、彼の中にも「25歳で結婚したいんだな。できれば叶えてあげたいな」などといった考えが浮かび、無理なく結婚のリミットを作ることができます。

(4)他人の結婚生活を褒める

『結婚したがっているんだな。と気付き、将来を真剣に考えるようになった』(31歳/製造業)
他人の結婚式をうらやましがるような発言は、自然に彼に結婚を意識させることができます。

特に、「○○ちゃん、結婚してからすごく幸せそうだったの」なんて言えば、自然な会話の流れで、「○○(あなた)は結婚いつまでにしたいとかあるの?」といった具合に会話が進むことでしょう。


今回は、結婚を意識させる女性のセリフについてお話ししました。
「仕事が忙しい」「経済的に余裕がない」など、結婚を考えるのがついつい後回しになってしまっている彼氏ほど、彼女が自然に結婚を意識させてあげる必要性があるのです。

(文/恋愛jp編集部)