楽しみにしていたデートの日に雨……。
こういうときにどういう行動をとるかで男性からの印象も大きく変わります。
皆さんは無意識のうちに彼をガッカリさせるNG行動をとっているかもしれませんので、以下の例を見てみましょう!

(1)あからさまに不機嫌になる

『せっかくのデートで不愉快になりました』(22歳/通信)

露骨に態度をあらわにしたり、不機嫌で口数が減ったりするとガッカリしてしまいます。
せっかく楽しいデートなのになんで?となる彼の気持ちは当然です。

多少雨で気持ちが落ち込んだとしても、不機嫌にならずに雨天時のデートプランを楽しんでみてはいかがでしょうか。

(2)タオルを持っていない

『一緒に濡れ濡れになっちゃう?』(26歳/フリーター)

雨の日であればほぼ確実に濡れることが予想されますので、タオルを準備することが不可欠ですよね。
何も雨のときの準備をしておらず、濡れたままだったり彼のタオルを借りるようではいけません。

むしろ気を利かせて、彼の分のタオルを持ってきてあげる位の気持ちでデートに臨みましょう。

(3)傘が汚い

『正直引きました。早く捨てちまえ!』(29歳/営業)

雨の日に持ってきた傘がとても劣化していたり、汚れが目立っていると彼にドン引きされる恐れがあります。
傘が汚いのは買い替えれば済む問題ですが、変に柄が奇抜なものを選ばす、シンプルなデザインのものを選びましょう。

(4)足の臭い

『あまりの臭さにびっくりしました。まさにスカンクっすわ』(20歳/大学生)

雨の日になると足の臭いも蒸れて臭くなりがちです。
外で歩いてる時はまだいいですが、室内に入って一緒に座ったりすると臭いが充満して彼の鼻に届く危険性が……。
きちんとケアするには消臭剤を使ったり、蒸れにくい靴やヒールを使用することです。

女性の足の臭いに気付いたとしても、男性は指摘し辛いので注意して下さい。
顔をしかめたり、様子が変ならそれはサインなのかもしれませんよ。


以上が雨の日デートでがっかりさせるNG行動の例でした。
これから梅雨の時期にこういった行動で交際が上手くいかなくなるかもしれませんので、十分に雨の日ケアを怠らず、女磨きを継続しましょう。

(文/恋愛jp編集部)