男性へ好印象を与えるにはどうすればよいか分からない……そんなあなたへ、男性を立てる話し方をご紹介します!
男性を上手く立てられる女性の評価はとても高いです。

下手をすると結婚や出世などにも関わります。
立ててもらい嬉しくない男性はいないのです。
男性を上手に立てる話し方を学んでいきましょう!

(1)聞き手になる

『気持ちよく話ができる女性は貴重だと思う』(35歳/IT)

聞き上手は男性にも女性にもモテます。
女性が一方的に話をするよりも、男性の話を引き出すようにしましょう。

話し好きな人には相槌をしっかりし、話が苦手な男性には彼の得意分野の話を振ってみたり、相談ごとをしてみたりして話の繋ぎ役をなるとさらにGOOD!
ちっとも話を聞いてくれない女性に男性は魅力を感じません。

(2)片手間で話を聞かないこと

『なにか作業しながら聞かれると、ないがしろにされている気がする』(25歳/教育)

話を聞く態勢をしっかり取りましょう。
なにか作業しながら片手間に話を聞くのではなく、手を休めて男性の方へ向き話をしてみて!

話しをしっかり聞いてくれているという安心感から、男性も気持ち良く話ができるのです。
片手間に聞いてしまうと、相槌も返事も適当になってしまい、悪い印象を与えてしまいます。

(3)話をとらない

『いきなり話に割って入られて、話を持っていかれてしまうと気分が悪い』(30歳/運送)

知っている話が出ても、話の途中に割って入らないようにしましょう。
最後まで聞いてから、もしくはひと段落してから自分の話をするようにしてください。

気持ち良くはなしているところを、いきなり中断させてしまうことのないよう気をつけましょうね。
マナーとして心得ておきましょう。

(4)知っている話も楽しく聞く

『前も聞きました。と、バッサリ切られるとへこみます』(29歳/美容師)

聞いたことのある話だなと思っても、中断させずに最後まで聞きましょう。
一緒に楽しく時間を共有することが大切です。

あまりにも面倒で長い上司の会話などは「なんか聞いたことあるかも~」と、やんわり止めても構いません。
男性を立てるには、中断させないことと嫌な気分にさせないことが大切。


男性を立てるのが上手な女性には自然と周りに人が集まってきます。
聞き上手は多くの人に好かれるのです。

男性に好印象を与えるためにも、いかに男性を立てて話をするか考えてください。
自然と男性を立てられるようになりましょう。

(文/恋愛jp編集部)