何をやっても上手くいかない一日……気分が落ちてしまったとき、あなたはどうやって落ち着かない心を癒しますか?
飼っているペットを抱きしめたり、好きな音楽や映画を鑑賞したり……様々な方法で人は安心感を得たいと思います。
「癒し系」という言葉、誰もが一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか?

男性と付き合っていく上で、「一緒にいて安心する」と思われることは非常に大事です。
そこで今回は、彼の機嫌が悪いときはあなたが彼の癒しになる!彼のイライラが収まる彼女の癒し行動を4つ紹介します。

(1)ねぎらいの言葉をかける

『どれだけ疲れていても彼女からの“お疲れ様”を聞くとほっとする』(27歳/建築)

仕事で疲れきっているときに、そっと「お疲れ様」「今日も頑張ってるね」などのねぎらいの言葉をかけてあげましょう。
彼と直接会わないときは、LINEでもいいので彼の一日の頑張りを認めてあげるのです。
男性は特に仕事となると、周りの評価を気にしがち。

彼にいたわりの言葉をかけてあげることで、例え上司や同僚に認められなくても、彼女だけは自分のことを評価してくれるんだ、という安心感と癒しを覚えるのです。
「お疲れ様!体調は大丈夫?」と彼の体を気遣うフレーズも併せて使うと◎

(2)マッサージをしてあげる

『疲れているときに彼女がマッサージしてくれたら最高!』(24歳/アパレル)

肌が直接触れ合うスキンシップを取ることで、セロトニンというホルモンが分泌され、イライラする心が落ち着くということは科学的にも証明されています。
疲れている彼にマッサージしてあげることで、心も体も癒してあげることができちゃう♡

パソコンを良く使う仕事の彼であれば、肩や頭をマッサージしてあげると目の疲れがとれやすいです。
立ち仕事の彼には、足や尾てい骨周りのマッサージもオススメ!
プロのようなマッサージができなくても、「彼を癒してあげたい」というあなたの気持ちが伝わるはずです。

(3)彼の話を否定しない

『仕事でイライラしているときに、彼女にまで説教っぽいことを言われるとますます疲れる』(31歳/メーカー)

仕事やプライベートのことで彼が何かを愚痴ってきたとき、まずは否定をしないで聞いてあげましょう。
「あなたの意見も分かるけど、それは間違っているんじゃない?」など、出だしから彼の話を食うような口調は厳禁。

癒し系の彼女になるには、聞き上手であることが必須です。
うんうん、そうだよね、と同調してあげることで彼の良き理解者になってあげましょう。
何か意見があるときは、彼のイライラが収まってから、喧嘩にならないように優しくアプローチするように注意してください。

(4)そばにいてあげる

『会話がなくてもそこにいてくれるだけで安心するときもある』(34歳/金融)

彼の機嫌が悪くて、会話がなくて気まずい……というときは、無理に盛り上げようとしてベラベラしゃべる必要はありません。
そんなときはそっと近くで彼を見守ってあげるだけでいいのです。

「無言でもその空間が苦痛にならない。一緒にいるだけで満足」という女性は、結婚後も長く愛されます。
ねぎらいの言葉をかけても、彼の気分がまだ落ち込んでいるようであれば、まずはただそばにいてあげましょう。


いかがでしたでしょうか?
彼を癒すとは、つまり安心感を与えてあげることと同じことなのです。

男性は結婚相手に「一緒にいて落ち着く」という条件を挙げる方が多いそう。
彼を楽しませることも重要ですが、時には癒し系となることで、「この子を手放したくない!」と思われることでしょう。

(文/恋愛jp編集部)