LINEは基本的に文字のやりとりですが、男性はわたしたちのあずかり知らぬところで一喜一憂、そして時には興奮して夜も眠れなくなっているらしいです。
果たしてそれはどんな内容なのでしょうか?
男性が「ちょ、それヤバい……」となってしまい、興奮して眠れなくなるLINEについてご紹介しますね。

(1)デートのことを思い返してるよ

『「この前のデートのことをときどき思い返してる」というLINEがポツリときたので「どんなこと?」と聞いたら話をそらすので、一人で勝手に想像しちゃいました……』(25歳/IT)

二人で過ごした楽しい時間を思い出している……彼女にそんなこと言われていじらしく思わない男性はきっといないはず!
ところで思い出しているそのデートの内容には二人でいちゃいちゃしたあんなこともこんなことも含まれるのか……? 

男性って、自分と同じように女子もエッチな妄想してるのかどうか……ということがとっても気になるみたいです。
ここから先は男性が勝手に妄想してくれますので「ナイショ」としておきましょう(笑)

(2)下着屋さんに行ってきました

『バーゲンしてたから下着いっぱい買った、という買い物の報告LINEで、彼女の体を想像してしまってムラムラ』(30歳/営業)

実はこれ、筆者がうっかりやってしまったのですが、男友だちに「下着屋さんに行ったらこんなお客さんがいてさ〜」とLINEしたところ、下着の方に興味を持たれてしまいました。
まさかそんな食いつきが良いとは思わなかったので、驚きました。

ただの友だちですらこれなんですから、これが彼女や好きな女子の下着ネタであればもう……♡
想像にかたくありません。
ここぞというときに是非、お使いください。

(3)二人で飲みに行きたいね

『2人でが重要ポイントですよね!2人で!』(28歳/広報)

男女二人で差し飲みというのは、男女の仲が深まることを連想させるので、誘われた男性はやっぱり期待してしまうようです。
とはいえ、誤解を受けたらまずいので男性側からはおいそれとは飲みに誘えないもの。

だからこそ、女性からのお酒のお誘いは興奮度MAX!
実現させるかどうかはあなたの胸先三寸ですけれど、彼の気持ちを揺らすには効果のあるひとことだと思いますよ。

(4)明日は何しようか?

『デート前日はただでさえ楽しみなのに、明日のことを言われると嬉しくてお散歩前の犬みたいな気分になります』(34歳/証券)

デートの前の夜というのは楽しみでたまらないものですが、口に出さないだけで男性は一人でキャッキャしているようです。
そんなときに「明日何するー?」と無邪気な彼女からのLINE……。

えっそんな、何するって……(ここから妄想開始します)。
外では立派な顔で社会人をしている彼の小躍りしている姿が想像できて、なんだかおかしいような、可愛いような気がしますね。


いかがでしたでしょうか?
男性の心にスイッチを入れるコツって、エッチなことをストレートにではなくほんのり匂わせることではないかしら、と思います。

露骨なことをLINEで送るのは気恥ずかしいし、男慣れしていると思われたくはありませんよね。
ほんのり色っぽく、でも品や無邪気さは失わずに、彼を睡眠不足にして差し上げてください!

(文/恋愛jp編集部)