男性は心を許し始めた女性に対して、マイナスな面も見せるようになります。
そのギャップに驚くこともありますが、信頼関係が築けている証拠です。
今回は男性が「心を許している女性」だけにすることを4つご紹介していきます!

(1)弱音を吐く

『仕事が上手くいかない時は弱音を吐きたくもなりますよ』(26歳/公務員)

「弱音を吐く」 という行為は、信頼関係があってこそできます。
男性は幼少期から強く振る舞うよう教育されることが多いです。
そのため、対極的である女性の前では特に、弱い姿を見せないようにします。

また、好きな女性の前で弱々しい姿を見せて幻滅されないか、という不安も抱えています。
男性がリードする風潮の中ではなかなか弱音は吐けないのです。
弱音を吐ける女性というのは、心を許している証拠

「この人なら大丈夫」という安心感があってこその行動と言えるでしょう。
彼が弱音を吐く時は、特に優しく聞くように心がけるといいでしょう。

(2)相手の言いにくい欠点をはっきり指摘する

『嫌われたいと思って言ってるんじゃなくて、本気で直して欲しいから言ってるの!』(23歳/製造業)

相手の欠点を何でも許容し、好きにさせるのは、本当の優しさとは言えません。
言いにくい欠点を指摘する厳しさは、相手へ対する思いやりです。
ですが大半の人間関係では「相手に嫌われたくない」と思って、ためらってしまうもの……。

言いにくい欠点を指摘できる関係なら、それだけ分かり合えているということです。
お互いに相手の考えを受け入れ合い、 心を許しているからこそできます。

(3)困った時に助けてくれる

『困った顔してたら、そりゃあ助けますよ(笑)』(25歳/金融)

男性は女性を守るという本能があります。
心を許している女性には特に、その傾向が強くなります。
「大丈夫?」「困ってない?」 と声をかけてくれるなら、女性を大切に思っている可能性が高いです。

また、何か相談した時にすぐに返事をくれるのも、信頼関係の表れ。
男性は頼られることで自信がつく生き物でもあります。

こういったときは、遠慮なく頼りつつ、しっかりと感謝を伝えましょう
これを繰り返すことでより信頼関係も深まるでしょう。

(4)コミュニケーションが雑になる

『言わなくても分かるでしょ!以心伝心的な』(30歳/SE)

慣れがでてくると、彼女との連絡や会話が雑になってくることがあります。
言葉遣いが砕け、連絡が滞ることも出てくるかも……。
女性からしてみると寂しく感じますが、これは男性が心を許した証拠でもあります。

付き合う前の男性は「よく思われたい」から頑張って気配りをします。
ずっと頑張り続ける男性もいますが、しだいに雑になる方が多数派だと思います。
これは「頑張ってない自分でも受け入れてくれる」という安心感があっての変化と言えるでしょう。

砕けた状態の彼こそ本当の姿。
本当の姿は信頼する女性だけが見れる特権とも言えます。
そう思うと、何だか嬉しくなりませんか?


今回ご紹介した内容は、マイナスな面に関するものが多かったと思います。
お互いの欠点を受け入れ合い、補い合うことで、良い恋愛はできるようになります。
男性のマイナス面での変化は、良い恋愛をするためのきっかけとも言えるのではないでしょうか。

(文/恋愛jp編集部)