初めてのデート、ドキドキしますよね。
メイクも服も外見は完璧、しかし、デートの中身がダメだと次に繋がらないかも……。
今回は、初デートで男性が「ないわ」と思う瞬間を紹介していきます。

(1)遅刻してくる

『遅刻は絶対イヤだけど、ギリギリ走ってくる人もイヤ』(28歳/商社)

デートの時は、いつもの支度とは段取りが変わってきますよね。
前日もドキドキしてよく眠れないこともあります。

だからといって、遅刻はNG!
男性からすると、楽しみに思っていなかったのか、または遅刻しても平気な人なのかと思われ、印象は最悪。

また、待ち合わせ時間にギリギリ間に合った感じもNG。
遅れそうになると心に余裕がなくなるので、会った時には素の自分をさらけ出すことになります。

少し早めに着いて、可愛く待っている女性に男性はキュンとするもの。
仕事後の待ち合わせなどで、どうしても遅れそうな場合は、早めに連絡するようにしましょう。

(2)スマホばかりいじる

『SNSに夢中な女性と一緒にいると、相手は自分じゃなくてもいいと思う』(30歳/金融)

緊張からついスマホをいじってしまうのはNG。
操作していなくても、相手がスマホばかりを気にしている素振りをされると、嫌な気持ちになりますよね。
初めてのデートなので、相手との会話を楽しむことを優先するべきです。

また、食事に行った時に、インスタ用の写真をたくさん撮ることや、それを食事の最中に投稿することもNG。
食事を楽しむのではなく、インスタ映えばかりを意識している相手にガッカリするもの。

特に初デートでは、スマホはなるべく出さないようにしましょう。

(3)奢ってもらうのが当然という態度

『奢るつもりでいるけど、会計の時さっさと出て行く女性はイヤだな』(27歳/SE)

食事などで会計の時、お財布を出す素振りも見せない、「ありがとう」もなければ、奢ってもらって当然だと思っている態度になります。
もちろん男性は奢ろうと思っていたかも……。
しかし、当然という態度を見せられると、嫌な気持ちになるもの。

奢ってもらったら「ありがとう」や「ごちそうさま」などの感謝の言葉をかけるようにしましょう。
また、カフェなど比較的小額のところで出すようにしても良いですね。
男性が支払ってくれる場合は、それを阻止して割り勘にする必要はありませんが、払うつもりでいる態度は必要です。

(4)自分の話ばかり

『一方的に話される時間って、苦痛しかないよね』(32歳/不動産)

相手の話を聞かず、自分の話ばかりを永遠話されると、相手は苦痛に感じるもの。
自分を知って欲しいという気持ちが大きいと、ついつい自分の話が多くなります。

初デートでは、お互いをまだよく知らないので、会話で相手を知るチャンス。
しかし、一方的な話ではお互いのことが理解できません。

何も話さないことも良くありませんが、少し聞き役にまわったほうが好印象になります。


初デートはお互い緊張するものなので、多少の失敗はお互いあります。
しかし、あまり考えすぎて楽しめなくなっては、デートも台無しに……。

相手のことを思いやる気持ちを忘れないようにしながら、楽しむことが初デート成功の鍵ですよ!

(文/恋愛jp編集部)