前髪を作ったけど、やっぱり伸ばしたくなった……っていう経験ありますよね。
しかし、伸ばす途中、邪魔になって切ってしまったという方もいらっしゃるでしょう。
そこで今回は、「伸ばしかけ前髪」のモテ髪アレンジを紹介していきます。

(1)斜めバング

『斜めに流している前髪、清楚な感じがして好きだな』(27歳/サービス)

目にかかりそうなぐらいの長さには、斜めバンクがおススメ!
簡単にスタイリングでき、エレガントな雰囲気に。
まずは流したい方向とは反対方向にコテで内巻きにします。

その後、ブラシで流したい方向に馴染ませたら、ヘアスプレーで形をキープ。
この時、長い時間コテをあてない、ヘアスプレーで固めすぎないことがポイント!

もちろんドライヤーとロールブラシでもOK。
ドライヤーで作る時は、少し水で濡らすと、作りやすくなりますよ。

(2)横ピン留め

『仕事中は、前髪とか邪魔にならないように留めて欲しい。見ているほうが鬱陶しい』(28歳/証券)

仕事などで邪魔になるならば、ピンで留めてしまいましょう。
きっちり留めるのではなく、丸いラインを作るようにピン留め
仕上げすぎないゆるさを残すことで、こなれ感が出ます。

まずは髪を、8対2か9対1で分けます。
割合が多いほうを長い髪も一緒に巻き込んで、横でピン留め。
指でピンを押さえながら、留めた髪を少しずつ緩ませるように引き出したら完成。

髪が落ちてくるようなら、ヘアスプレーでキープさせましょう。
後ろの髪はまとめてもOKですよ。

(3)ポンパドール

『前髪をリーゼントっぽくしているやつ、キリっとしていていいよね』(33歳/コンサル)

少し長めになった前髪は、ポンパドールがおススメ!
大人っぽいけど、ゆるさが可愛いスタイルになります。
前髪をラフにかきあげてトップで留め、ポンパドールを作りましょう。

留めたところを手で押さえ、少し大胆に引き出す。
この時、毛束感を意識すると、無造作なゆるさになります。

留める前に、ヘアワックスをもみ込んでおくと、まとまりやすくなります。
短い髪があり上手にできない時は、ブロックで分けて同じ辺りにピンで留めると、上手に仕上がりますよ。

(4)かきあげバング

『大人っぽく前髪をかきあげている感じが色っぽい』(30歳/SE)

割と伸びてきたら、かきあげバングにすると良いですよ。
邪魔にもならない上に、大人な雰囲気が出て、色っぽいスタイルになります。
まずは、8対2ぐらいで髪を分け、根元にドライヤーを当て立ち上がらせましょう。

その後、コテで外に流れるように巻いていけば出来上がり。
これでは短い髪が落ちてくる場合は、かきあげる髪を2ブロックにわけ、コテを立ち上がるように根元にだけあてます。
それから流すようにすれば、かきあげバングの完成!


伸ばしかけの前髪も、アレンジによって色々と楽しめます。
きっちりと仕上げすぎないことが、モテ髪のコツ!
これまで、我慢できなくて切ってしまっていた人は、是非アレンジで乗り切って下さいね。

(文/恋愛jp編集部)