真剣な恋を一度でもしたことがある男性の多くは、「忘れることができない女性」がいます。

女性にとって、その男性がどのような人生を歩んでいようが、忘れられないという対象に選ばれるのは嬉しいものです。
ここでは、忘れられない女性の特徴を4つ紹介します。
ぜひ、参考にしてみてください!

(1)自分がダメな時も支えてくれた

『自分がナイーブになったときにめんどくさがらず献身的に支えてくれた彼女がいました。あの時、彼女が助けてくれなかったら、今の自分はなかったでしょうね』(32歳/IT)

基本的に、女性より男性の方が精神年齢が低く、若い頃から完璧にしっかりしている、という人は少ないようです。

そのため、社会人になったばかりでも、夢を諦めきれず、どうしてもダダをこねてしまう人が絶えません。
そんなダメな自分も包み込んでくれ、それでも愛し続けてくれた、という女性はやはり記憶に残ります。

仮にダメになったとしても、その頃を知っている女性は特別であり、やはり頭が上がりません。
間違いなく、忘れられない女性と言って良いでしょう。

(2)趣味が一緒だった

『自分の趣味がプラモデルの収集なんですが、一回お付き合いした女性の中に一緒の趣味の方がいましたね。こういった趣味を持っている男性はよくみかけるのですが、女性はなかなか居ないので記憶に残っていますね』(28歳/飲食)

趣味が一緒の女性とは話が盛り上がりやすく、恋愛関係になりやすい、ということがあります。

ただし、趣味が合うから人間性も合うか、というのは別問題であり、仕方なく性格の不一致などで別れてしまうことがあると思います。
しかし、趣味が一緒だったことから、その趣味を自分が続けている場合、真っ先にその女性に連絡したい、という衝動が何年経っても残っています。

映画好きの二人だった場合、その頃見た続編の映画が公開されるとなれば、絶対に思い出してしまうのです。

(3)大恋愛の末に振られた女性

『自分は大好きな女性だったので、ほんと未練がましいですよね。学生時代ですけど……ほんとに好きだった』(25歳/銀行)

男性は、自分で振った女性はさほど覚えていません。
しかし、本当に好きで仕方なかった女性に振られた、という過去は必ず忘れられません。

自分の中では、最高の思い出ばかりが残っているため、「あんな良い女はきっとあらわれない」と、考えてしまいます

(4)初めて付き合った女性

『どんなに付き合う女性が多かったとしても、よほどのことがない限り、いい意味でも悪い意味でも初めて付き合った女性ってのは覚えてます』(30歳/不動産)

男性は単純で、ロマンチストです。
千人斬りと呼ばれるチャラい男性であっても、必ず初めて真剣に付き合った女性だけは、忘れていません。

まだ、自分が恋愛を知らなかった頃に出会い、好きになり、そして愛した女性。
一番、体の相性が良かった……という女性なんかより、ずっと「青春時代の思い出に花を咲かせてくれた」初彼女の方が印象深いものです。


ここでは、忘れられない女性の特徴を4つ紹介しました。
実は、男性は本当にロマンチストであり、忘れられない女性の過去を引きずりながら生きています。
そういった可愛いところもある、ということを女性の皆さんは忘れないでいてくださいね。

(文/恋愛jp編集部)