気になっていた彼との初デートがとても楽しかったら、またデートしたいと考えるのは当然のことです。
ですが「自分から次のデートに誘うのは恥ずかしくてできない」と感じる女性も多いのではないでしょうか。

今回は、次のデートにつなげるためのテクニックについてご紹介します。
これらのテクニックを実践して、大好きな彼ともう一度デートに出かけましょう!

(1)「楽しかったね、また会いたいね」と別れ際に言う

『楽しかっただなんて……言われたらニヤニヤしますよ』(31歳/広報)

男性にとっては、自分と過ごす時間が楽しいと素直に伝えてくれる女性はとても好意的に感じるに違いありません。
また、女性が「また会いたい」と感じていることを知れば、男性も誘いやすくなるのです。

女性がどのように感じているのかが分からなければ、男性も誘うことをためらってしまいます。
ですからもう一度会いたいと考えていることをきちんと伝えて、男性が誘いやすい状況を作っておくことが大切です。

(2)別れ際に寂しそうにする

『そんな子犬の様な顔するでない。持って帰っちゃうでしょうよ』(27歳/メーカー)

初デートの別れ際には、帰りたくないという寂しげな様子を見せましょう。
男性はそんな女性の様子に、「バイバイするのが悲しいのかな」と感じてキュンとします。

言葉で直接伝えるのが難しいのであれば、「あなたと離れるのが悲しい。また会いたい」と言う気持ちを態度で伝えるのも効果的なのです。
男性は、帰り際のそんな女性の様子が忘れられず、「また会いたい」と感じて次のデートに誘うに違いありません。

(3)初デートの後にすぐにお礼のメールを送る

『レスポンスが早いのは、楽しかったって証拠なのかなと思ってます』(25歳/販売)

初デートの後は、彼が帰宅した頃にお礼のメールを送りましょう!
遅くとも、デートした日の夜までにはメールを送るのをおすすめします。

メールは長すぎず、簡潔に書くよう心がけてください。
一緒に過ごすことができて嬉しかったことや、とても楽しかったという気持ちを素直に伝えましょう。

メールの終わりには「今日は疲れたと思うので、しっかり寝てね!」など、相手を気遣う言葉を忘れずに書くことも大切です。

(4)行ってみたい場所の話題を出す

『デートって行く場所にいつも困るんですよね。女性側から提示されると誘いやすいですねー!』(29歳/保険)

彼の好きな食べ物を聞いておいて、「こんなお店見つけたよ!」と紹介してあげましょう。
話の流れの中で、「行ってみたいねー!」と相づちを打てば、きっと彼は「次のデートで行こうよ」と提案してくれるでしょう。

常に受け身の姿勢で待つのではなく、行きたい場所やイベントをチェックして、彼が誘いやすい状況づくりを自分から心がけましょう!


いかがでしたでしょうか。
今回は次のデートにつなげるためのテクニックについてご紹介しました。

これらのテクニックを使って、次回もぜひ素敵なデートをしてくださいね!

(文/恋愛jp編集部)