こんにちは、ツナえもんです。
春といえば環境が変わり、新しい人と出会う機会も増える、まさに出会いの季節です。
私自身も新しい色んな出会いがあるといいなぁと思う今日この頃。

しかしそんな出会いの季節だからこそ、女遊びをしている男性たちにとっては浮ついた雰囲気が漂う暖かな季節は、夏と同じぐらい美味しいシーズンなのです。

女性は自分の身は自分で守らなければなりません。
今回は春の出会いを悲しいものにしないために、もっともポピュラーな遊び人の手口から自分を守る心構えをご紹介します。

(1)「初めて」「二回目で」「普段はしない」という言葉を鵜呑みにしない

サークルでも会社でも合コンでも……出会いの場は問いません。
「普段は自分から声かけたりしないんだけど……好みだったから」「普段は自分から誘ったり絶対しないんだけど……」という類いの言葉に気を付けましょう。

女性は「初めて」という言葉に安心します。
そこに「好みだったから」なんて言われたら、ついときめくこともあるでしょう。
もし女性が「それはないでしょ」なんて冷静に突っ込めば、彼は「うそうそ、実は二回目で」と現実味を出してくるかもしれません。

例えば、見た目がいかにも遊んでいそうな男性が「普段は自分から誘わないんだけど」なんて言えば、あなたは「絶対、嘘でしょ。遊んでるくせに」と思うでしょう。
なぜなら見た目が遊んでいるように見えるからです。

しかしそれが黒髪で特別かっこいいわけでもない爽やかな普通の男性だったらどう思うでしょうか。
「またはいかにもモテそうにない男性だったら?」「真面目で誠実そうな男性だったら?」あなたはどう思うでしょう。

きっとその言葉の通り「確かに女の子に声かけてそうに見えないし、真面目そうだもんね」と思うのではないでしょうか。

もちろんどんな見た目であっても彼の発言が本当の場合もあります。
ですから「全く信じないでおこう」ではなく「鵜呑みにはしない」という心構えが大事だと思うのです。

彼の言った言葉が本当かどうかは、その後に彼とコミュニケーションをとっていくうちにわかると思います。
見た目や彼の発言に惑わされず、きちんとコミュニケーションをとっていくことが自分の身を守る方法でもあります。

「遊んでなさそうな彼だから、きっと言っていた通り私を誘うのが初めてだと思う。好みって言ってくれていたし、私のこと好きみたいだし、頑張って誘ってくれたのかも」なんて思っていたら、あなたが10人目だった。
浮気相手だった。
ただのヤリモクだった……。

なんてことも、大いにありえるのです。

(2)「運命」の演出に騙されない

女性は「運命」を感じさせてくれる出会いが好きですよね。
もちろん私も好きです。
だからこそ恋愛漫画や恋愛ドラマなど、娯楽があるのだと思います。

例えば、ただ道を聞いてきただけだった男性とそれをきっかけに親しくなり、後日遊びに行くようになって……なんていう、一見素朴そうなストーリーさえも「運命」に感じてしまいます。

しかしその「運命」はいくらでも演出が出来るのです。

本当に道を尋ねただけで、そこから始まる出会いもあるでしょう。
でもそれなら「道を尋ねるふりをして、あなたに近づくこと」も出来るということなのです。
「道を尋ねる」「質問をする」「世間話をする」という、なにげない人を装って声をかけるというのは、もっともポピュラーな手口です。

なぜなら「なにげない人」であれば「女性に警戒されにくい」からです。
自然の流れでそうなっている風に演出されると女性は男性の下心に気づきません。

これは(1)にも繋がりますが、いかにも遊んでいそうな容姿の男性に声をかけられたら、あなたはきっと警戒するでしょう。
しかし、いかにも真面目そうな男性に声をかけられたら「本当に道に迷ってるんだろうな」と思うのではないでしょうか。

それぐらい容姿も雰囲気も台詞も、いくらでも演出が出来ます。
そして女性には理解し難いそんな手間をかけるのが、一部の遊んでいる男性たちなのです。

(3)彼のゴールを見極める

「そんなこと言ったら、もう誰も信じられないじゃない!」と言われてしまうかもしれません。
もちろんそんな男性ばかりではありません。
もっともわかりやすい見極め方は、彼らが「なにをゴールとしているか」だと考えます。

遊んでいる男性のゴールは「体の関係を持つこと」であることがほとんどです。
そしてその先をいく男性は「体の関係をゴールにしないことで、女性を抱くこと」が出来ます。
つまり結果的には「体の関係がつきまとう」ということです。

だから簡単に体の関係をもつのは辞めましょうという話ではなく、あなた自身がじっくり彼とコミュニケーションをとり、自分の意思で選んでいくことが大事だと思うのです。

あとで悩むのも、泣くのも、後悔するのも、すべて自分自身だからです。


特に上京したばかりの女性は素直で信じやすく、そんなところが男性にはとても可愛くうつります。
その反面、悪い男性にもとても狙われやすいのです。
信じることも大事ですが、時に疑うことも大事だと考えます。

もちろんこれらの出会いがきっかけで上手くいく女性もいるので否定はしません。
しかしその裏側で、つらい想いをしている女性がいることも事実なのです。

見た目や言葉に惑わされないためにも、常に自分自身をしっかり持っておくこと。
それが最大の自衛かもしれません。
出会いの春があなたにとって楽しいものになりますように。

●ライター/ツナえもん(アラサー女子の救世主)