「彼も私のことを好きそうなんだけど、告白がない……」とヤキモキすることはありあせんか?
告白してもらうテクニックがないばっかりに、流されてエッチしてしまってセカンドになってしてしまう女子も多くいます。

今回は、彼をちゃんと告白させる「仕上げのモテテク」を紹介するので体を許す前に実践してみてください。

(1)イケる感を出す

『デートに来てくれてても自信や確信がないから、告白できない……』(28歳/IT)

男性は、女が思っている以上に自信がありません。
デートに応じてくれても、二軒目に一緒に行っても、デートを重ねても、自信が無いゆえに「今日も告白できなかった」と勝手に男性は落ち込みます。
恐ろしいほど肯定してあげて、来るタイミングを作ってあげないと告白できない男性が実際にいるんです。

褒める、好きを匂わす、告白しやすい場を作ることを意識してあげてください。

(2)好みのタイプを言い合う

『好みのタイプの話をしてて、俺じゃん!って思うとめっちゃいけるかもって思ってしまいますね(笑)』(30歳/アパレル)

告白してほしいのに、自分が好きといいたくなるくらいもどかしい時ってありますよね。
そんな時は、お互いに好みのタイプを言い合い、彼に好意をアピールするのが効果的。
話の流れで「つきあっちゃう?」なんて言葉でてくる可能性もありますよ。

(3)笑顔やスキンシップが多い

『自分も楽しいし、相手も笑顔で楽しいって言ってくれると、もっとこれからも一緒にいたい度が上がります』(33歳/営業)

美人でも、きれいでも、笑顔のない女子は男性を困惑させます。
逆にブスでも笑顔でさえいれば、彼に自信と安堵を与えることができます。
気持ちが焦るのもわかりますが、もし付き合いたいなら一緒にいたい女になることが大事。

(4)待っているのを感じてもらう

『帰り際、お互い帰りたくない感じがして、手を繋いだら嬉しそうだったのでイケるかなと思って告白しました』(27歳/人事)

思わせぶりにいくつか好意をアピールできたら、あとは待つのが大事です。
相手が言いやすいように、二人きりのムードある場所に一緒に行くのがおすすめ。
本当は彼に全部考えてほしいけど、時にはお膳立ても必要です。

彼女が待っているという空気を作ることで、告白してもらえる確率が上がります。


彼といい感じになってキスをしても彼が告白してくれない……。
そんな時は「私はお互い好きじゃないとできない」と言って彼を試してみてください。

その時の返答次第で告白を引き出すことも可能。
あら技ですが、煮え切らない男に使うのがおすすめです!

(文/恋愛jp編集部)

◆誰にもわたさない!男が手離したくない【理想の彼女】3箇条