流行りのコーディネートをしたいけど実際に欲しいものを買ってみてもうまくきこなせないという経験はありませんか?
色のバランスが悪くて自分の持っている洋服との相性がよくなかったり。
お洒落なコーデにはデザイン性も大切ですが、80パーセントは配色次第でもあるんです。

そこでこの夏抑えておきたい配色の組み合わせについて考えてみたいと思います!

(1)レモンイエローとネイビー

『春っぽさもあるし、夏っぽさもありますね。見ていて涼しげがあっていいと思いました』(33歳/都市開発)

夏だからこそ取り入れたい人気の色でもあるイエローカラー。
今期はレモンのようなフレッシュなイエローカラーがトレンド入りしていることはご存知でしょうか?

レモンイエローに合わせたいのがネイビー。
明るさはそのままに、引き締め役の色味を一緒に取り入れることで落ち着いた印象に仕上げてくれますよ。
レモンイエローのスカートにネイビーのトップスといった組み合わせもおすすめです。

(2)ミントブルーとホワイト

『ブルーハワイのような、沖縄の海のようなキレイな水色ですね。暑苦しさがまったくないのでぜひ一緒にデートを楽しみたいです』(30歳/経営)

グリーンとブルーの間の色ともいえるミントブルーは、夏でも涼しげに見えるので是非取り入れたいカラー。
クールな印象にホワイトを合わせることで清潔感もプラスしてくれます。

おすすめなコーディネートは白シャツにミントブルーのフレアスカートを合わせたスタイル。
クールな色味でありながらもしっかり女らしさをアピールできる着こなしです。

(3)ラベンダーピンクとグレー

『あーこの感じイイですね。オフィスカジュアルに着てこられたら惹かれるかも』(29歳/メディア)

ピンクだけど主張しすぎず、おとなっぽいテイストのラベンダーピンクは今期トレンドのカラー。
トップスやスカート、ワイドパンツなど様々なファッションアイテムが登場していますよね。
ラベンダーピンクに是非とも合わせたいのがグレーカラーです。

おすすめなコーディネートはグレーのノースリーブリブトップスにラベンダーカラーのワイドパンツを合わせたスタイル。
合わせることにより色気と女性らしい柔らかさを引き出してくれます

(4)ブラックとピンクベージュ

『あえてのブラック。明るい色が多い中で、ブラックのコーデは自然と目が向いてしまうものですわ』(24歳/大学院生)

夏は露出が多く、締めるところはグッと占めておきたいという人は黒も程よく取り入れていきたいもの。
黒は基本的にどんな色でも相性が良いですが、カッコいい印象が出てしまうので合わせる色は柔らかみのあるピンクベージュなどがおすすめです。

ブラックのレーストップスにピンクベージュのワイドパンツを合わせるとレースの透け感で暑苦しさはなく爽やかに、ピンクで優しい印象をプラスしてくれる効果があります。
メリハリが効いているので是非とも活用してみたいおすすめスタイルです。


基本は明るめな色に暗めな色もしくは白を合わせるとバランスの良い配色コーデが出来上がることがわかりましたね。
無難な色に挑戦したい色を合わせるということがポイント。
配色コーデを参考に手持ちのアイテムで是非上手な着こなしを研究してみて下さい。

(文/恋愛jp編集部)