どんなに高級なブランドを身に纏っていたとしても、清潔感がなければ小汚いファッションと思われます。
ファッションにおいて清潔感はなによりも大事!
そこで今回は、男が「清潔ないな……」と思う女子の小汚いファッションについて、紹介していきます。

(1)靴

『靴が綺麗かどうかは結構チェックする』(33歳/公務員)

靴は同じものを使うことも多いため、服よりも消耗が激しいアイテム。
そのぶんお手入れも必要になってきます。

スニーカーが黒ずんでいる、ヒールのつま先が汚れたままになっているなど、汚れを放置していれば清潔感は感じられません。
また、ヒールのかかとが擦り減り金具が出たままにしていることもNG。

靴を脱ぐ場面では、外は綺麗にしていても、中が薄汚れていると残念になってしまうので、中まで綺麗にしておくことが必要。
お手入れをすれば長く使えるので、マメにケアするようにしましょう。

(2)カバン

『電車とかでカバンを平気で下に置く人って汚そう』(26歳/不動産)

カバンも同じものを使うことが多いため、消耗が激しいアイテムの一つです。
同じものを使っていると、自分では消耗に気付きにくく、周りからは清潔感がないと思われているかも…。

カバンの角や持ち手の部分が汚れたり、ほつれたりしている。
また、型崩れしてヨレヨレになっているものもNG。
もちろん、カバンの中も物を出す時に見えてしまうので、黒ずんでいるようなら、綺麗にしておきましょう。

カバンも日々のお手入れが大事!
同じカバンばかりを使っているのならば、たまには休ませてあげると、型崩れを防ぎ長持ちできますよ。

(3)小物

『くすんでいるアクセサリー着けている女性って、ズボラっぽい』(31歳/金融)

服は清潔感があるものを着用していても、小物が汚ければ清潔感はありません
小さいところに目がいかないタイプと思われ、ガサツなイメージに……。

アクセサリーや時計なども、綺麗にしておく必要があります。
くすんでいたり、シルバーが黒く変色していたりするのはNG。

アクセサリーは汗や化粧品が付いてしまうので、身に着けたら拭くようにしましょう。
また、メガネが汚れていると、それだけで汚く見えてしまうので、きちんとケアすることが大切です。

(4)裾

『スカートの裾を引きずっている人は、清潔感なさそう』(30歳/マーケティング)

パンツやスカートの丈が長すぎて、裾を地面に引きずっていると清潔感がないように見られます。
地面を掃除して歩いているようなものなので、裾が汚れていることは見なくても分かりますよね。
汚れたまま一日過ごしているのかと思うと、小汚く見えるもの。

床を引きずらない絶妙な長さをチョイスすることが必要です。
服を選んだ時と違う高さのヒールを履くと、知らない間に引きずっていることもあるので、出掛ける前に引きずらない靴なのかを確認するようにしましょう。


綺麗な服を着ていても、他のアイテムが汚ければ清潔感のないファッションをしていると思われます。
服だけではなく、トータルで清潔感を出すことが大事です。
そのためには、ケアが大事なのでの、身に着けるものは大切に扱うようにすると良いですね。

(文/恋愛jp編集部)