突然ですが、あなたはご自分のキスのテクニックに自信がありますか?
この記事を読んでくださっているのは、きっと今よりキス上手になりたいから、ですよね。
そんなあなたに、男性をとろけさせてしまうキスのコツ、伝授しちゃいます!

(1)唇を開いて彼を誘う

『彼女が口を軽く開けたらディープキスの合図なので、いつもジリジリしながら待ってしまいます(笑)』(33歳/SE)

最初からがっつりディープキスしまくっているカップルには不向きですが、男性が恐る恐るあなたの様子を見ているタイプならこれ。
キスが盛り上がってきたら、彼の舌が入ってきやすいように、あなたから軽く唇を開いてあげましょう。

繊細な男性だと、ディープキスをしたくても彼女に拒絶したら……なんて心配しているんです。
そんな時、彼女の方から「舌を絡めていいよ」というOKサインを送ってくれると、心置きなくディープキスに没頭できますね。

(2)時には中断して焦らす

『僕の動きが激しくなった時にキスをちょっと中断されるとますます盛り上がる』(28歳/広告)

基本的に男性の動きに任せてあげた方が良いのですが、たまにはこちらからもアクションを起こしましょう。
といっても、女性からグイグイと押していくディープキスではなく、熱々に盛り上がったところであなたからすっと中断するのです。
抱き合ったり、ちょっとおしゃべりしたり、そして再開。

ほんの短時間でもそれとなく主導権をあなたが持つことで、男性は焦れてますます興奮してくることでしょう。
あまりやりすぎると男性が冷めてしまうこともあるので、たまに試してみるくらいをオススメします。

(3)彼の体を触る

『キスの最中に体を触られると立っていられないくらい力が抜けてしまいます』(31歳/証券)

キスの最中、手はどうなっているでしょうか。
お互いをしっかり抱きしめ合うのも素敵ですが、ちょっと余裕があるあなたなら、彼の体をソフトタッチで触ってみてはどうでしょう。
ディープキスの最中って男女ともに体が敏感になっているので、どこを触っても彼は快感を覚えるはず。

中でも、太ももや首筋、耳の後ろは男性が触られて気持ち良いと感じるところです。
軽く手を当てるだけでも効果がありますので、試してみて下さいね。

(4)軽く声を上げる

『キスの最中に息が上がったり小さく喘いだりする女性って、すごく好き』(30歳/サービス)

セックスの時のような喘ぎ声を上げる必要はありませんし、そもそもわざとらしくなってしまいますのでNG。
でも、キスが盛り上がって気持ちよくなってきたら、自然と息が荒くなったりしますよね?
そんな時には我慢しちゃだめ!

女性の荒い息遣いや軽い喘ぎ声は、「俺のキスだけで……」と男性を感動させてしまうかも。
もちろん、燃料追加でますます興奮してしまいます!


いかがでしたでしょうか?
今まで彼にお任せだった女性ならちょっと恥ずかしい……と思うかもしれませんが、キス上手な女性は絶対に彼から愛されること間違いなし!
ほんの少し勇気を出して、新しいキスを試してみて下さいね。

(文/恋愛jp編集部)