今回は、女子がやりがちな勘違いヘアを4つご紹介します。
パッツン前髪やスカスカヘアなど、女子から見れば気になりませんが、男性からすると違和感を覚えることも
勘違いヘアになっていないかどうか、チェックしてみてくださいね。

(1)パッツン前髪

『いや、女の子には評判なのだろうけど……』(27歳/証券)

パツッと切りそろえたパッツン前髪は、女子からするとかわいらしいものです。
元気いっぱいで、キュートな魅力がありますよね。

しかもパッツン前髪は、デカ目効果も!
目のすぐ上で切りそろえられた前髪は、目を大きく印象的に見せてくれますよね。

しかし男性から見ると、パッツン前髪は不評です。
時代錯誤の人のように見え、野暮ったく感じます。
前髪はあまりパッツン感を与えないよう、ナチュラルに仕上げるといいですね。

(2)スカスカヘア

『あれ?これ話題に触れても良いやつだよね?』(23歳/営業)

美容院で髪をすきすぎて、スカスカになっている人はいませんか?
軽さをだすために髪をすきすぎていると、髪が少なく見えがちです。

少しなら気にならないのですが、あまりすきすぎていると、量が少なくてスカスカに見えます。
軽さを出したいなら、スタイリングを変えるなど、髪をすく以外で工夫してみましょう。

(3)ベリーショート

『強烈すぎるインパクトもちょっと……』(29歳/IT)

ベリーショートは、似合う人と似合わない人がいます。
似合う人がやっていれば、女優さんみたいでかっこいいのですが、似合わないと悲劇です。
年齢が10歳増しに見えることも。

あまり若々しい印象にならないので、適度な長さにしておくほうが無難です。
よっぽどベリーショートに自信がある女子以外は、ショートやボブをおすすめします。

(4)スーパーロング

『テレビの中から出てくる人ですか?(笑)』(24歳/SE)

ロングヘアは人気ですが、極端に長すぎると、清潔な印象を与えられません。
とくに毛先がものすごく痛んでいたり、毛先の長さがふぞろいだったりすると、不潔な印象を与えることも。
腰まで届くスーパーロングヘアの女子は、とくに髪質に気をつけたいですね。

髪が痛んでバサバサになっていたり、枝毛・切れ毛が目立っていたりしませんか?
スーパーロングヘアは、一歩間違えれば「ボサボサヘア」に見られます。

定期的に美容院でトリートメントをしてもらうなど、ヘアケアも合わせて行いましょう。
スーパーロングでも、髪がツヤツヤでさらさらしていると、好感度大ですよ。


前髪パッツンや、髪のすきすぎには気をつけましょう。
ベリーショートやスーパーロングも、一歩間違うと「ダサい」「ボサボサ」となりがちです。
髪型の見直しをしてみてもいいかもしれませんね。

(文/恋愛jp編集部)