街中や自分の身の回りでたまに見かけるぶりっ子なコーデの女性。
コスプレの領域と普段着の境目がわからないと言ってしまいたくなるようなファッションをしている人を見かけたりもしますが、中には痛々しくみけてしまうことも。
一度見ると物申したくなるぶりっ子見えコーデについて具体的な特徴あげてみました!

(1)やたらピンクばかり取り入れてくる

『わかったから、メルヘンなのは脳内だけにしてくれえ!!!』(28歳/金融)

洋服もカバンも靴も、お部屋もピンク一色に染まりたいと思っている女性って意外と少なくないのが現状。
たしかに女性らしくてかわいいカラーではありますが、ピンクに執着しすぎているだけでただのぶりっ子と思われてしまうのが現状だったりもするんです。

中でもいちごみるくを連想した白とピンクの組み合わせは見ているだけでも甘ったるいと思われて嫌がられてしまうので注意しましょう。

(2)淡いパステルカラーコーデ

『う~ん、可愛いのですがね……』(27歳/IT)

ピンクに続き警戒しておきたいのがパステルカラーコーデ。
ベーシックな色味の中で取り入れてみたり、季節やたまに感を出すことで魅力が引き出されてきますが、男性目線を狙ってつねにパステル系ばかりとりいれてくる計算的なウィークリーコーデは、女性たちから反感をかってしまうことも……。

マカロンのように可愛い印象ではありますが、取り入れすぎるとこちらも甘ったるくなりがちなのでピンクと同様気を付けておくことが大切です。

(3)ボリューミーなフリル感

『正直に言うと隣歩きたくないです』(30歳/公務員)

フリルを着るのはいっこうに構いませんが、あまりもボリューミーすぎて、私はお姫様か何かと勘違いしているコーディネートは避けるべきでしょう。

さらに足が太いのにひざ上でボリューミーなフリル感は見ているだけでも痛々しくて、街中で見かけるとつい2度見をされてしまうレベル。
自分に自信があるのだと思われてしまい、冷たい視線を向けられてしまいますよ。

(4)きらきらしたアクセサリーをごちゃごちゃつける

『主張抑えてください……』(32歳/不動産)

キャラクターものやきらきらしたもの、とにかく可愛いものが大好きという女性をたまに見かけますよね。
自分が好きな物や可愛いものに囲まれていたいというのは女性としての夢でもありますが、いい大人が執着しすぎている姿は男性的にもドン引きしてしまいます。

アクセサリーはアクセントとして、大好きなキャラクターはいつでも一緒にいたくても、カバンに潜ませておくくらいにしておくのが無難です。


いかがでしたか?
自分の好きなものを出すことは悪い事ではありませんがあまりにも前面にですぎてしまうと、気が付かない間に周囲を不快にさせているかもしれません。

ぶりっこコーデは未然に防ぐことができるもの。
これらが該当していたという人は自分のコーデを今一度確かめて、いつもより控えることから自分を変えてみて下さいね。

(文/恋愛jp編集部)