ベッドの上で、喘ぎ声を出すのは恥ずかしいと感じて、喘ぎ声を我慢していませんか?
男性にとっては、気持ちよさのあまりに女性が漏らす喘ぎ声はとてもセクシーで興奮度を高めるのです。
ですから我慢することなく喘ぎ声を出してみましょう。

今回は、男性が聞きたい喘ぎ声についてご紹介します。
これらの喘ぎ声を出せば、彼を興奮させて喜ばせることもできるはずです。

(1)言葉を途切れさせる

『感じて声が途切れてるのを見るとより興奮しますね』(28歳/金融)

気持ち良さのあまりに、声がうまく出なくて途切れることがあります。
その様子は男性にとってとてもセクシーに見えるのです。

そのため気持ちよさで声が漏れそうになるのを我慢しながらも、時々断片的に声を出してみましょう。
「あ……」という声の合間に、言葉を挟むととても効果的です。

声が出るのに耐えるような表情を見せながら言葉を途切れさせると、セクシーさも倍増するでしょう。
シーツや彼の腕にぎゅっとつかまりながら言葉を途切れさせれば、彼はもう我慢ができなくなるはずです。

(2)彼の名前を呼ぶ

『熱をおびた声で名前を呼ばれるともっとキスしたくなる』(32歳/コンサル)

「あん……」という声の合間に、彼の名前を色っぽく呼んでみましょう。
気持ち良さでうっとりとした表情で彼の名前を呼べば、彼は優しくキスしてますます積極的に愛撫してくれるはずです。
彼の名前を呼ぶことで、「彼との」エッチがすごく気持ちいいということをアピールできるのです。

名前を呼ぶ時に、視線を合わせることもポイント。
視線を合わせながらセクシーに彼の名前を呼べば、より彼を夢中にさせることができます。

(3)気持ち良さを口にする

『素直に気持ちいいといわれるとうれしくなる』(24歳/営業)

うっとりしながら「気持ちいい」と口に出すことも、男性にとってはとても嬉しい喘ぎ声です。
この言葉は、男性のテクニックによって気持ち良くなっているということをダイレクトに表すことができます。
そのため男性にとっては自分のテクニックに自信を与えてくれる喘ぎ声でもあるのです。

気持ちいい時は、我慢しないでストレートに彼に伝えてみましょう。
すると彼はあなたのことをより気持ちよくしてあげたいと感じるはずです。
ただ喘ぐだけでなく、テクニックの気持ちよさを褒めるような言葉に、男性はぐっとくるということを覚えておきましょう。

(4)幼い声を出す

『普段は大人っぽいのにうわずった声で喘ぐと興奮します』(26歳/銀行)

少し鼻にかかったような幼い声を出すこともとても効果的な喘ぎ声と言えます。
幼い声を出すと、普段とのギャップに男性はますます興奮度が高まるのです。
幼い声を出すと、気持ち良さで声がうわずっているかのような印象を与えることもできますので、喘ぎ声のバリエーションとしてぜひ使ってみてください。

このように喘ぎ声にも色々な種類を使い分けると、ベッドの上でセクシーさを増すことができるのです。


いかがでしたか。今回は、男性が聞きたい喘ぎ声についてご紹介しました。
喘ぎ声は彼の興奮度を高める重要なエッチの要素なのです。
上手に喘ぎ声を使って、最高なエッチを楽しみましょう。

(文/恋愛jp編集部)