親しいからこそ、より気遣いが大切です。
彼の胸に響くような気遣いができていますか?

相手の気持ちを考えて行動できてこそ、大人の恋愛は成り立ちます。
彼の胸にじんとくる「彼女の気遣い」テクニックをご紹介します。

(1)具合が悪いときに世話を焼いてくれる

『体調を崩したとき、彼女が家にきて家事をしてくれて、この子と結婚しようと思えた』(31歳/会社員)

身体や心が弱っているときに、身の回りの世話をしてもらうと男性は胸がじんとします。
彼が体調を崩したときには必要なものがないか聞き、お見舞いに行くと良いでしょう。

お粥やうどんなど胃に優しいものを作ってあげられると良いですね。
ただ、彼が来ないでと言っているところを、強引に押し掛けるのは止めておきましょう。

(2)忙しい彼に不満を言わず合わせてくれる

『忙しくなかなか会えなくても、体調を気遣い優しく声をかけてくれる彼女に頭が上がらなかった』(33歳/人事)

仕事が忙しく会えない彼に不満を爆発させるよりも、彼の身体を気遣ってあげましょう。
彼も好きで疲弊するまで働いているわけではありません。
優しく声をかけ、責めないことが大切です。

(3)デートプランを悩んでくれる

『ケガをしたときや、金銭的に余裕がないときも楽しめるよう、いろいろ調べてくれていたことを知り、胸がぎゅっとなった』(24歳/営業)

彼にデートプランを任せっきりにするより、一緒に悩みましょう。
彼が余裕のない場合でも楽しめるようなデートプランを考えることで、彼の負担が減ります。
気持ちを軽くさせてくれる気遣いに、彼はじんと来るのです。

(4)しんどくても笑顔でいてくれる

『仕事で疲れて眠いだろうに、笑顔で残業帰りの僕を出迎えてくれた彼女。幸せにしようと改めて思った』(28歳/IT)

共働きだと、帰宅の遅い彼を待つのはしんどいでしょう。
そのことは彼も重々承知だと思います。
だからこそ、先に休まず待っていてくれた彼女を見ると胸がじんとなるのです。

また、疲れているのに笑顔で出迎えてくれたなら、もうなにもいらないでしょう。
笑顔のパワーは絶大なのです。


胸にじんとくる「彼女の気遣い」テクニックは他にもたくさんあります。
自分ができそうなものから、実践していきましょう。
お疲れの彼を癒してあげてくださいね。

(文/恋愛jp編集部)