2回目のデートを楽しみに待っていたのに、相手から誘われないことも。
では、なぜ2回目のデートに繋がらないのか?
その理由について、一緒に見ていきましょう。

(1)つまらなかった

『時間が経つのが長い!これが耐えられませんでした』(30歳/コンサル)

どんなに見た目が美人で魅力的でも、一緒にいてつまらない……と思われてしまうと、次のデートをしたいとは思わないもの。
一緒にいて楽しいかどうかは、とても重要なのです。
楽しい!と感じてもらうためには、配慮をしながら会話をしていくのも大切に。

自分が楽しければいいと思うようなやりとりでは、相手を楽しませられません。
相手を楽しい!と思わせるように、反応を見ながら接していくのが必要ですね。

(2)タイプじゃなかった

『とりあえず……っていうデートはしないほうがいいですね』(32歳/広告)

初めてのデートなので、とりあえずタイプではなくてもいいかと思う男性も。
女性にも、そういう気持ちがありますよね。
でもタイプではない女性とデートをしてみて、やはり無理だと思われてしまう時もあります。

これは外見だけではなくて、内面にも言えること。
外見がタイプだとしても、内面に魅力を感じないと次のデートをしたいとは思われないのです。
そのためメイクやファッションを完璧にして、魅力的な女性になれたとしても内面を見て引かれてしまうケースもあるでしょう。

(3)もっと知りたいと思わなかった

『全然興味がもてません。もう無理!』(28歳/金融)

初めてのデートだけで、分かることは本来少ないですよね。
でも、もっと相手について知りたいと思えないのなら、魅力を感じないと思われてしまったのかも。

相手に魅力を感じさせる努力をしたつもりでも、それが足りていなかったケースもあります。
でも同じようにデートをしても、もっと知りたい!と思われる場合もあるため、あまり落ち込まずに次の恋愛に向かうのもおススメです。

(4)居心地が悪かった

『居心地が悪いと空気まで悪い……』(28歳/アパレル)

一緒に過ごしていて、居心地が悪いと思われてしまうこともあります。
これは感覚的に思われるため、女性としてはどうしようもない場合も。

逆に、女性から男性に対して「居心地が悪い」と思ってしまうケースもあるでしょう。
初デートをしてみてわかることもあるため、居心地が悪いと思われてしまったり、こちらが感じたりした場合には、2回目のデートに繋がらない可能性は高いのです。


いかがでしたか。
2回目のデートに誘われないと思って待ち続けても、それは時間の無駄になることも。

でも、ただ忙しくて連絡ができない人もいますので、こちらから連絡をしてみるのもいいですね。
その時に、次のデートの話をして乗り気かどうかで、今後の付き合いについて決めましょう。

(文/恋愛jp編集部)