好きな男性ともっと距離を縮めたいけど、どうしていいか分からない……。
ならば、2人っきりになれるデートで、女性として意識してもらいましょう。

でも、女性からデートに誘うのはハードルが高いですよね。
そこで今回は、男が喜ぶ「デートの誘い方」を紹介していきます。

(1)ストレートに誘う

『デートしたいって言われたら、告白と同じぐらい意識するようになる』(25歳/証券)

「デートしたい」や「一緒に出かけてみたいな」など、ストレートにデートに誘うのがオススメ!
好意がストレートに届くので嬉しく感じます。
これまで意識していなかった相手であったとしても、このようにデートに誘われれば、少なからず意識するもの。

友達の関係から一歩踏み出したい場合は、遠回しな言い方よりも、ストレートに言ったほうが好意は届きます。
特に、2人で食事に行ったことがある関係の場合は、それをデートだと男性は認識していない可能性が……。

まずは、女性として意識してもらうことが第一歩!
勇気を出して、デートに誘ってみましょう。

(2)得意分野で誘う

『頼られると単純に嬉しい』(31歳/商社)

好きな相手の得意分野を調べて、教えてもらう理由でデートに誘ってみましょう。
例えば、パソコンに強い人であれば「パソコンを買い換えたいので、一緒に見てもらえませんか?」と誘えばOK。
男性は得意分野を認めてくれて、頼ってもらえると嬉しく感じます。

また、「プレゼント買いたいけど迷ってて……○○君センスいいから一緒に選んで欲しいな」など、彼の自尊心をくすぐる言葉で誘ってもOK。
「あなたの力を借りたい」という意味での誘いは、男性にとっては嬉しい言葉。
まずは、彼の得意分野を探ってみましょう。

(3)興味のあるもので誘う

『自分の興味があるものに、興味をもってくれると一気に距離が縮まる感じがする』(30歳/アパレル)

好きな相手が興味のあるもので誘えば、相手はOKしやすくなります。
自分が興味のあるものに共感してくれると、親近感が沸くもの。
同じものに興味がある人とは話も合うし、一緒に行っても楽しいと想像できますよね。

まずは、会話から興味のあるものを探ることが必要です。
その話の流れから、「私も興味あるので、今度ご一緒したいです」と伝えればOK。
映画やスポーツ観戦、食事の趣向など、少しでも共通の興味があるもので誘ってみましょう。

(4)お礼として誘う

『たいしたことしていないのに、お礼と言って食事に誘われると、好意があるのかなってちょっとドキドキしちゃう』(26歳/サービス)

一番誘いやすく、誘われやすいのが、お礼としてデートに誘う方法
男性も口実として誘ってきたのかな?と思い、意識してしまうもの。
お礼は些細なことでも良いし、なければ作ってしまいましょう。

仕事上の関係ならば仕事で分からないことを頼ってみる、友達の関係ならば相談事をしてみる!
その後、「この間のお礼がしたいので、食事に行きませんか?」と誘えばOK。
理由がある誘いは、OKしやすいのでおススメです。


一度デートに行けば、そこからまた話が進展し、次のデートを誘うキッカケも掴めます。
まずは、デートに誘うことで、女性として意識してもらうことが大事!
勇気を出して第一歩を踏み出してみましょう。

(文/恋愛jp編集部)