飲み会の際、気になる相手とLINE交換ができるだけでステップクリアした気持ちにになり嬉しいもの。
しかしせっかくLINEを交換しても、いつどのタイミングでメッセージを送るべきかわからないことってありますよね。

そこで出会いが恋に発展しちゃう飲み会後のLINE方法についてこっそり伝授したいと思います。

(1)その日のうちに挨拶

『礼儀正しい女性とはまた会いたくなりますね』(28歳/デザイナー)

飲み会を終えたらその日のうち、もしくは次の日の朝には必ずメッセージを送っておきましょう。
おごってもらったり、送ってもらったりした場合はなるべく当日中にお礼をいうのが社会人としてのマナー。

「今日はありがとうございました」「とても楽しかったです」などシンプルな内容でOK。
マナーがきちんとわかっている女性なら男性も好感度があがること間違いなしですよ。

(2)次のメッセージにつなげられる内容

『会ったあとに次の約束ができるとテンションあがりますよね』(25歳/営業)

「また近いうちに飲みにいきましょう」「今週末の予定はいかがですか?」というように次回の約束を思い切ってもちかけてみましょう!
次回に合う約束ができるだけでなく、質問をすることで相手に返事を促すきっかけとなります。

また今回の飲み会のこんなところが楽しかったなど率直な感想も添えるとGood。
ただし質問攻めをし続けると面倒くさい印象を与えてしまうので、ガツガツと食いつくのは避けることが重要です。

(3)相手の予定や好みを尊重

『自分の好き嫌いなどを聞いてもらえると、自分に好意があるのかなと思うので嬉しいですね』(33歳/金融)

今週末やある程度の予定が確約できたら、時間や場所をしっかり設定していかなければなりません。
相手に少しでも気に入ってもらえるように、あらかじめ好き嫌いの把握、都合のよい時間などをリサーチすることが大切です。

LINEの会話でも、飲みに行くならどんなお店が好きか、お仕事の終了時間は何時ごろかなど。
予定を立てながら彼の好みや行動について聞けると距離感を縮めることもできますよね。

(4)お化粧をする

『自分のためにかわいいメイクをしてくれたと思うと愛おしく思います』27歳/建築家)

女性としてはメイクで化けていく姿はあまり見られたくないものでお手洗いに駆け込む人がほとんど。
そんなちょっとお手洗いにと言って戻ってきた時の彼女のメイク。

かわいくなる姿をみて、自分のためにこっそり直していると考えると、健気で嬉しいものです。
またお泊りの時に自分の横でメイクしている姿は貴重でずっと見ていたくなりますよ。

(5)次の約束をしてから送るべきメッセージ

『次の約束を楽しみにしてます♡と連絡がきたらとてもうれしいですよ』(29歳/IT)

次の約束ができたら、ここでメッセージを自分から送りすぎるのはNG。
彼と少しでも距離感を近づけたいなら、飲み会の時に知った彼の趣味の話や話題について軽く話す程度にしておきましょう。

そして約束の日の前日になったら、確認のために「明日の飲み会、楽しみにしてます」と一言メッセージ。
万が一忘れられていたら、怒ったり焦ったりせず、また別を設定するなど根気よくに次の約束につなげてみることが大切です。


いかがでしたか?
好きな人ならすぐにでも近づきたいという焦りは禁物

またせっかく連絡先を聞いたのに、放置しすぎるのも次につながりにくくなってしまうので注意が必要ですよ。
LINEアカウントを交換したら、その日のうちにメッセージするのはもはや常識

上手なLINEメッセージで少しずつ駆け引きすることで、気になる人との距離を確実に縮めていくことができます。

(文/恋愛jp編集部)